香港郊野遊行・續集

香港のハイキングコース、街歩きのメモです。

何故か今頃?

どうしたことか、UKのEureka Entertainmentから「アイアン・モンキー」が2Kレストアされてリリースということです。
”マスターズ・オブ・シネマ”から出しているキン・フー作品とはさすがに同じ扱いはせずに、”Eureka classic”レーベルからの6月18日発売。
9348_tn

「老人と子供」。

 クロード・ベリの「老人と子供」、レストアされた見事な画質で5月29日発売という発表が。
リリース元はちょっとお高いコーエン・メディアから(どこか買って国内上映してくれると嬉しいんですが)。
大昔に買ったベータマックスのビデオテープ(US版)も今となっては再生するすべもなく。
そういえば先月リリースされたオリーブ・フィルムからの「終身犯」Blu-ray、4年前に発売されたトワイライトタイム盤が高価格だっただけに買い? これもテープで(泣)。
アナログ・カセットテープが静かなブームで一部の若者たちに聴かれているなんていう報道がありましたが、間違ってもβテープの復活! なんてないんでしょうが。

 

P3240245
P3240248

沙田のUA、新装開館近し?

香港島サイドや尖沙咀近辺にお泊まりの方にはまるで縁のない話ですが、沙田のUA新映画館工事もいよいよ竣工が近いという風景です。
12日現在では屋上部のエアコン設備の設置も終っており、外溝部の工事という最終工程に取り掛かっているという状況。この様子では早ければ5月にもオープンでしょうか。

a0901a
P3100909
P3100913
P3100914
DSC07352

意外な出来に。

昨日の立法會補選、投票率も4割弱という低さでした。
結局のところ民主派が2議席と、半分に減らしてしまうという情けないことに。ここ沙田(新界東)は民主派の范サンが当選(イメージカラーをレモンイエローと決めているのか?という姿でいつも現れます)。
空港ではKLMの747に見惚れていると・・・・もう既に停止線の表示にはA350-1000のマークが。
機内エンターテインメントではちょっと気になっていた成龍の「フォーリナー」を早送りでチェックするくらいのつもりで観始めたんですが、予想外の出来の良さにビックリ。これは「新宿事件」の再現くらいに考えていたのを反省です。これはきちんとディスクで再見せねばと。

DSC08009
P3120127
P3120188
P3120187

冬の東京から。

雨上がりの真冬に戻った東京から香港へ。
今回は香港航空を利用、機内エンターテインメントの映画ですが・・・・アン・ホイのこんな作品が。
うーん、どういうつもりでセレクトしたのか不思議ですが? まぁ次回の香港行きはこのあたりのホテルを検討していたんで間が良すぎますが。
といっても観てしまうのは「パディントン」です。こんなよく出来た娯楽映画はないと廻りに推奨している最中です。
スーパーのビール売り場にはカールスバーグの黒ビールキャラに黒仔ことフィリップ・キョンが。なるほど名前が売れるというのはこういうことなんだと。

021-1
039-1
054-1
076-1
096-1

「Collateral」Netflix にて。

 3月9日から配信開始というキャリー・マリガン主演の「コラテラル」。
「DRIVE」からもう7年、いささか容貌に変化があってもおかしくはない・・・・です。


「まぼろしの市街戦」

 ド・ブロカの「まぼろしの市街戦」が4KレストアされてN.Y.で公開後にBlu-rayリリース(夏頃?)されるという情報が。
ただ価格が高めのコーエン・メディアからというのが困ったもんですが。
大昔、文芸坐のオールナイト興行で褪色したプリントで観て以来・・・・何十年になるかなぁと、溜め息が出ます。

 

BBC Newsから必見の動画!

 BBC News Japanから
イギリス野党第一党、労働党のジェレミー・コービン党首がかつて旧チェコスロバキアの情報提供者か協力者だったという疑惑について、保守党の一部閣僚や議員が、コービン氏は「国を裏切った」と発言している。
このことについて21日のBBC政治トーク番組「デイリー・ポリティクス」でアンドリュー・ニール司会者が、保守党のスティーブ・ベイカー・ブレグジット担当閣外相に真意を繰り返し問いただすやりとりがあった。

あいまいな答えでその場をしのぐという政治家の態度を許さないという、見事な追求ぶり。劣化がいわれるBBCですがさすがです。
でも、司会者が触れた”キム・フィルビー事件”のことを今のひとはすぐにピンとくるかなぁ?」


 





今朝の東京新聞から。

 今朝の芸能欄に出ていたのが先週から公開されている「ウイスキーと2人の花嫁」の監督インタヴュー記事。
記事中にある”日本未公開の1949年オリジナル映画”という部分が気になって検索してみると、なんと49年版というのはあのイーリング・スタジオ作品でプロデュースはマイケル・バルコン、監督はアレクサンダー・マッケンドリック(初演出作)。
これは面白くない訳がないということで、早速DVDをオーダーした次第。

P2220563


The Frankenstein Chronicles

  イギリスITVでオンエアされた「フランケンシュタイン・クロニクル」がNetflixで始まっていました。
ピカピカの新作ドラマを字幕付きの高画質で観られるという、ちょっと前までは想像もしなかったインターネット配信環境に驚くばかり。
こうなると去年の夏にBBCで放送され、ショーン・ビーンの演技が絶賛された「Broken」も観たくなるというもの。






www.flickr.com
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

大頭茶

月別アーカイブ
*iphone アプリ 開発
*ラティース ラティッセ
  • ライブドアブログ