香港郊野遊行・續集

香港のハイキングコース、街歩きのメモです。

「何藩展」へ。

普段、まるで縁のないパシフィック・プレイスですがサザビーのギャラリーで「何藩展」が最終日というので出掛けることに。
見事な構図と光と影の対照がまるでカメラテクニックの教科書のようで、ただただ見惚れるのみです。
ハーバーシティでもイラストレーターの阮大勇展を開催中というので足を運んでみました。
不思議な展示で、映画ポスターの原画が6点のみであとは最近になって描かれたイラストというのが???でしたが、どうもこれは売却目的の展示のようでした。隅に小さなリストが掲示されていて各作品に値段がつけられていますが・・・・驚きのプライス! 何度も桁を見間違えたかと思い読み直しましたが、6桁! どうにも強気過ぎるな値付けに唖然とするばかり(ラウ・カーリョンの「凶猫」が420万円ですと)。
写真家アンセル・アダムスの60年代に焼かれたモダン・プリントが500万円近いというのは理解できますが(所詮こういってはアレですが香港ローカルのイラスト作品ですが・・・・)。
そして新人監督の「今晩打喪屍」に。
期待していなかったにしてもお粗末すぎる出来(学生映画のレベル?)に呆れて寝てしまう始末、映画を観て寝るなんていつ以来だったか思い出せないくらいです。

1
1-1
1-2
1-3
1-4





25日で決まり!?


今朝はいきなり湿度84%という表示、たしかに外に出ると昨日と違って肌にべったりと湿気が覆われる感覚です。
飲茶に出掛けた団地内の果物屋で見かけた看板猫(?)、茘枝はこんな具合に竹籠で仕入れられているんだと初めて知った次第。
昨年の「モネ展」に続いて(?)今年は「ルーブル美術館展」というわけで、歩いてすぐの文化博物館へ。
来たからにはついで、という「李小龍展」にも。3回目とあって入れ替えのあるコレクターズ・ブースのみを覗いて。
ダイヤモンド・ヒルのブロードウェイ、「貧狼」の告知が出ていて公開は8月25日! 金曜というのがどうにも不安ですが。

01-5
01-1
01-2
01-6
01-3
001
01-7

今度こその鳳凰山へ。

天気予報によれば確実に晴天なのが今日ということで、炎熱マークを見ないことにして。
早茶に出かけたヒルトン中心の稲香、1年で再び値上げしています。それでもここは競合相手の酒樓がないので住民の皆様も来ざるえない?
ホテル横ではUAチェーンのシネコンビルが建築中、恐らくIMAXシアターを売りにする劇場になるんではと。
三度目の正直ということで、今度こそ頂上からの眺望を堪能すべくランタオ・ピークへ。

DSCF0260
DSCF0277
DSCF0294
DSCF0306
DSCF0314
DSCF0317
DSCF0322
DSCF0335
DSCF0341
DSCF0347
DSCF0348
DSCF0359
DSCF0372
DSCF0374
DSCF0383
DSCF0390
DSCF0411
DSCF0412
DSCF0435
DSCF0440
DSCF0446
DSCF0451
DSCF0458
111
DSCF0453
DSCF0465
DSCF0481
DSCF0487
DSCF0493
DSCF0505
DSCF0509

わかっているつもりでも。

今回の香港行きはANAを利用したんですが、機内エンターテインメントの映画リストに目を通すと・・・・日本語字幕つき「沖天火」のタイトルが。
ちょっと驚いたのがケン・ローチの「わたしは、ダニエル・ブレイク」、こんな作品をセレクトするなんてどんな人物なんだか気になってしまいます。それとも全く考えずに配給会社のプレゼンスにOKしただけなのかも?
気候はもう充分にわかっているつもりでしたが、梅雨空の東京から32度の香港へ・・・・空港のエアコン空間から出た瞬間に味わう熱の塊に包まれる感覚、ひさしぶりに真夏の香港に睡眠不足状態の身体はゲンナリ。
今まで利用することのほとんどなかった新界方面行きのエアポートバスですが、龍運巴士が運行しているバスは新型車両への切り替えが中のようで乗った車も最新型でした(考えてみれば龍運は九巴のグループ企業ですから資金は潤沢なんでしょう)。
テレビの映画ch.ではちょうど「旺角監獄」をオンエア。これも今や忘れ去られた作品(?)ですが、低予算を逆手にとったような大胆な演出で監督のビリー・チョンを再認識した記憶があります。
ニュースでは習近平来港に備えて灣仔周辺の警備が厳重化している様子を。

01-1
01-3
01-2
01-1

微妙な空模様。

まぁ、雨期に入っているんで仕方ないですが。
今朝の東京新聞、”空母”! 露骨すぎて開いた口が塞がらないというのはこのことか。
1日に上映されるという「香港製造」、IFCと百老匯中心とCINE MOKOでの公開らしいんですが未だ時間が?
劇中、オープニング早々で舎弟の阿龍を苛めていたという男に殴りかかるサム・リー。この男、どう見ても銀河映像のジャクソン・ハ(夏澤信)ではないかと思うんですが???

無題
P6260003
P6260005
P6260004
P6260003

公開日が?

秋頃だろうなんて思っていた「貧狼」の公開、いきなり8月24日という日時が出てきました。
うーん、これで確定なのかどうか? 夏休みの終わりにねぇ・・・。

C33czZeVcAQQstr

今朝の東京新聞から。

P6150014

「決闘コマンチ砦」が。

ザ・シネマの7月放送予定にバッド・ベティカーの「決闘コマンチ砦」が出てきました。
今月のBSプレミアでオンエアされる「レッドムーン」といい、日本盤を諦めて海外盤に手を出したのに・・・・まさかこんな日が来るとは。
「決闘コマンチ砦」はブルーレイがドイツ盤のみで14ユーロという値段にためらっている途中だったのでまぁ良しということで。

P6010009


今朝の東京新聞から。

P6140013

”本年首個黑雨警告”

  昨日の香港は今年最初の黒色警報が出される豪雨に見舞われたとのことです。
以前なら当然のように被害が出た上環あたりが今回は報道されないのは、雨雲の位置がずれていたせいなのか排水環境の整備が進んだんでしょうか?
そんな空模様だからこそなのか密入国者がランタオ島に上陸したものの、寒さと飢えで倒れる者が出て警察に救助の電話というお粗末も。
分流手前の狗嶺涌、ここへは石壁水塘から舗装路を延々と歩かなくてはいけないので食指が動かなかったんですが、こんなニュースを聞くとちょっとその気になります。



bkn-20170525033025767-0525_00822_001_01p



www.flickr.com
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
月別アーカイブ
*iphone アプリ 開発
*ラティース ラティッセ
  • ライブドアブログ