香港郊野遊行・續集

香港のハイキングコース、街歩きのメモです。

2006年12月

寶雲道


2006年9月。
中環からミニバスで動植物公園の脇をのぼって、寶雲道へ。
約4キロのウォーキングコースを歩く。
32度・湿度80%近くとあって、木陰を歩いていても息苦しい蒸し暑さ。
阿媽サンに散歩させられているゴールデンをなでてあげると、尾っぽをブンブンふり反応してくれる。合和中心の円柱形ビルを真横に見るのも妙な感覚。

321adf58.jpg

604a1844.jpg

8be919dd.jpg

5d1ad2d5.jpg

2dde59b5.jpg

e77c0338.jpg

ebea65fc.jpg

29d404d4.jpg

7a29bd35.jpg

3863b62b.jpg

聲窩(WALLS OF SOUND)


中環のエスカレーターで見かけた中古ディスク店。
ブルーノートのジャケットが窓に貼られていて、ひょっとして掘り出し物が・・・なんていう淡い期待を抱いて中をのぞいてみると・・・当然のようにビックリするような物は置いてなく、US盤DVDを40HKで買ったくらい。
何故か、瀬川瑛子のBOXが目をひく、駐在員が売りに来たのか?
こういう2階で営業している中古レコード店は、たいていオーナーらしい若者がレジにいて香港とは思えない商売気のない笑顔をみせてくれるのがうれしい。

afd87b0c.jpg

f4ddabf9.jpg

089148ee.jpg

9a360e9f.jpg

龍虎山 続き


コンクリート階段を登りきると休憩涼亭があらわれ、振り返ると今まで下ってきたピークからの緑が眼に心地よい。
ここからの海側がまた絶景! 香港島の西側から見る眺望は初めてなので、新鮮に感じられる。32度の炎天下、汗まみれの体に風が気持ちいい。聞こえるのは航行する大型船の汽笛と野鳥のさえずりだけ、これでオニギリがあればいうことない・・・次はCITYSUPERあたりで買ってこようか。
薄扶林道まで下ると、すぐそこにバス停があり九龍側へ行くルートも停まるんで実に助かった。

ab14a6b1.jpg

0231cbdc.jpg

aac23b8a.jpg

c00d1f0d.jpg

ff127c09.jpg

03cfc117.jpg

e820c4a5.jpg

cd83896d.jpg

774e4392.jpg

c6c6e79f.jpg

龍虎山


2006年9月。
バスでピークへ、そして盧吉道から夏力道との合流点まで炎天下を歩く。
ここから下りになる克頓道に入りだらだら坂を行くが、樹木が壁になって見通しがきかずどの辺りを歩いているのかピンとこない。
龍虎亭が見えてきても龍虎山自体が文字通り山になってまだ眺望は開けない(あたりまえか)。
途中の広場を掃除していたおばさんに話しかけられるも、日本からきたと伝えるが残念ながら広東語会話力が赤ん坊レベルの当方とはそれ以上コミュニケーションはできず・・・トホホ。

60de986b.jpg

f48cc741.jpg

22c1f69b.jpg

9e84955c.jpg

dc3931b6.jpg

04ca779f.jpg

e7fd377d.jpg

8566db22.jpg

44872d90.jpg

街角の風景


旺角・山東街をパトロール中の警官が涼茶舗で一杯飲み干し、また通りへ。
香港ならではの光景。

dc7c5577.jpg

6160955f.jpg

「刀」 その2


すっかりテレビタレントになってしまったのは、陳豪だけではなかった。
香港独特の週5日連続放映のドラマ出演の常連なのが謝天華。陳豪が主役を演じ続けているのに対し、マイケル・ツェは所帯じみた役柄ばかりなのがちょっと悲しい。

1f964d20.jpg

ae63fae7.jpg

b4a950a6.jpg

dd02d3d4.jpg

1f27252b.jpg

ec34bfbd.jpg

ae927f20.jpg

acc793a7.jpg

cfff714d.jpg

be9febf2.jpg

「刀」


1995年製作ということは、もう11年。
徐克作品では香港人以外のコアなファンから最も支持されていると思われるこの映画、今ではすっかりテレビの人になってしまった陳豪と趙文卓のふたり。
香港のテレビドラマに一年中出演している陳豪をみるたびに、こんな場所にいる俳優じゃないのに・・・と情けなくなる。
師匠役の恵天賜は「殺破狼」でも健在な姿を見せていたのが嬉しい。
この前、IFCのキューブリックで欧州盤DVDを見つけるも、高すぎる価格にあきらめるをえず画像だけでも(スタンダード仕様と2枚組特別仕様)。
来年こそは100インチ・スクリーン、プロジェクターでの「刀」家庭視聴を実現!?

6ae9bf43.jpg

632f780f.jpg

dcce7393.jpg

788442c5.jpg

ebbbca5b.jpg

8267571e.jpg

6d611051.jpg

d4dce405.jpg

81a60368.jpg

a8a9b242.jpg

「機動部隊」、PTU續集?


「PTU」続編の撮影開始という記事が小さく流れていたけれど、中華メディアの常でスターの動向優先で監督の名前を明記しない記事だったので疑わしく思っていたこの映画。
やはりというか当然というか、監督は杜琪峯ではなく羅永昌と劉國昌でありました。「神探」と同時進行はいくらなんで無理か。それにこのあとには「文雀」は塩漬け状態でも「鉄三角」の担当パート、A・ドロン出演作も控えているわけで子飼いの執行導演もフル稼働の銀河映像。(ちなみに脚本は、いつもの葉天成)
写真は、11月22日の湾仔での夜間ロケの模様。あいかわらずファンサービス旺盛な任達華です。

a680d7ea.jpg

32737f13.jpg

99abc123.jpg

c2feed8e.jpg

bb1ccbe3.jpg




大坑口の金毛犬

34e4674c.jpg

龍蝦湾へ行く途中の大坑口で出会ったゴールデン・レトリーバー。
なんとも人懐っこくきれいにブラッシングされたおりこうさん。
毎日ここから龍蝦湾まで散歩しているとは、東京の汚れた空気のなかで自転車が前からくるような所で散歩している犬たちに比べてなんと恵まれていること!

aeaacd88.jpg

8c0339a3.jpg

74fd92a0.jpg

8419acef.jpg

d38d7ac0.jpg

聯邦大酒樓


太子の始創中心に入っているのに気が付き、朝の飲茶にソイ・ストリートのホテルからてくてくと歩いて。8時過ぎならまだ人通りも多くなく10分ほどで。
以前パークホテルが改修する前にあった1階のお店はよく利用していたので点心の水準は悪くないだろうという予想は外れませんでした。
店内はガラス窓に囲まれているので開放感があり、朝の食事にはもってこいの雰囲気。
この建物には酒樓が4軒も入っているので、客が適当に散っていて荷李活中心のような混雑がないのがうれしいかぎり。

44d9b883.jpg

d77bb2b0.jpg

cafbaa53.jpg

430ec49c.jpg

58d36171.jpg

d241ef8b.jpg

ee4ae3a9.jpg

29d89fd7.jpg
www.flickr.com
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
月別アーカイブ
*iphone アプリ 開発
*ラティース ラティッセ
  • ライブドアブログ