香港郊野遊行・續集

香港のハイキングコース、街歩きのメモです。

2007年10月

『鐵三角』香港プレミア(中環IFC)。


cca72c6e.jpg

b44056d9.jpg

0fccb1c7.jpg

f25c8d59.jpg

6d45ead0.jpg

3dae53f1.jpg

10548321.jpg

d9a83f02.jpg

09904dc9.jpg

ed9d9e4b.jpg

『鐵三角』劇照。 その6


c6cd09f3.jpg

dee65082.jpg

0691ae8a.jpg

5d872cdb.jpg

75bd24ce.jpg

『鐵三角』三導演。


いよいよ香港公開が近づいてきた「鐵三角」、明日の29日がプレミアのようです。
三導演のインタビューがアップル・デイリーにアップされました。
この中で杜導演が「目露凶光」をお気に入りの作品として挙げているのが嬉しいではありませんか。例によって銀河映像での撮影です。
(なお、渋谷で導演が話していた脚本があがり次第に撮入するという作品にリッチー・レンが出演することをを明らかにしており、ただこれがユンファ主演映画と同じものなのかは不明。) 

792b3c16.jpg

53a1c2cd.jpg

b04decd4.jpg

d220c09d.jpg

c0126013.jpg

8c0fa60e.jpg

bdde8033.jpg

9f4c8e16.jpg

『鐵三角』撮影風景。


ec98321e.jpg

9832b7ff.jpg

160eec98.jpg

f5fc2083.jpg

86f125c5.jpg

dab967d7.jpg

eb0cb560.jpg

9e7549d1.jpg

『鐵三角』劇照。 その5


8097cb1e.jpg

01511374.jpg

2bf5f9d6.jpg

b061e1dd.jpg

2cc9274c.jpg

d06df92c.jpg

143259fd.jpg

5843399c.jpg

『神探』。

fb38e823.jpg

昨日の上映後に現れた杜導演、二日酔いらしくいつもの能弁ぶりが影を潜めていました。話の様子では今のヴァージョンに納得していない部分もあるようで、ひょっとして香港公開版には手が加えられる可能性も・・・というのが個人的な印象であり期待です(かなりカットしたという鬼たちのパートを観て見たいもの)。
なにしろポスターもないところをみると香港での公開情報がまるで出てこないのも無理はありません。
映像的に特に目新しいことをしていないのには、ちょっと肩透かしをくらった感がありますが男優たちの三つ巴戦に緊張感を最後まで保ってくれます。劉青雲は当然ですが林家棟が''東莞仔''とならぶハマリ役です。
嘔吐と放尿シーンが当然のように出ますが、アート・ムービー経由から香港映画にきた方には刺激が強すぎたかも。
このあと11月5日にL.A.で開催されるAFI FESで上映される予定。

老人山副峰へ その3

頂上付近に近づくと土が無くなってきて岩肌が剥き出しに。太古に隆起して山になったのを実感させられます。
休憩したくても岩が熱くなっておりとても尻をつけて座れない状態のため早々に引き上げることに。眺望は素晴らしく風も気持ちよく、次回は気温25度くらいの時にもう一度来てみたいものです。
気になったのが、九龍半島の地平線にかかっている薄茶色の帯ですがこれが大陸から流れてくる大気汚染の雲なのでしょうか?(2枚目と4枚目に)
東涌行きのバスを待つ士多の前を野良牛がノタノタと徘徊する風景に、「牛に注意」の標識が立っているのも頷けます。

11721684.jpg

99f2f7c1.jpg

5ae6c4fa.jpg

d04c9892.jpg

b272a0e3.jpg

a1b9405a.jpg

f6b728d2.jpg

fd05f251.jpg

f79c53fa.jpg

151a6bc8.jpg

『鐵三角』劇照。その4


これから公開される香港版は、93分の表記になっていて東京で上映されるバージョンのほうが8分長い編集版なのかもしれません。
ここに短いメイキングの動画がアップされていました。徐克の隣にいるのは執行導演の鄭保瑞と思われます。恐らくこれはDVDに入る特典映像でしょうか?

http://www.atnext.com/jp/triangle/trailer.html

652f9396.jpg

e99efa86.jpg

05a12e9f.jpg

037db41c.jpg

95c5b6ff.jpg

f199470b.jpg

74e7026f.jpg

fca611d7.jpg

9fac2aeb.jpg

c8d19296.jpg

老人山副峰へ その2

登り口からいきなりの石段登りが続きますが、まだ木々が頭上を遮ってくれていたので順調に進みます。しかし次第に背の低い潅木ばかりになって強すぎる日差しを浴びながらの登りに変っていきます。
そのうちに両腕がヒリヒリし始め、はやくも日焼けで首回りと腕が真っ赤に。亜熱帯の陽射しを甘くみていたようです。それでも海からの風があるので新界の山中での耐え難い蒸し暑さよりはマシでした。

eccc8543.jpg

f85b1882.jpg

d8f62437.jpg

450bb011.jpg

76ab12f1.jpg

54f5e4ed.jpg

d6a318f1.jpg

ea58b353.jpg

2b656bd2.jpg

d085a0c5.jpg

老人山副峰へ。

07年8月。ランタオ島・芝麻湾半島の老人山(の副峰)を目指して梅窩へ。
大澳と東涌行きバスは発車したばかりで、おまけにフェリーも出たばかりなのでタクシーを使い貝澳まで(30HKもしないので、日本の感覚からすると充分にお安いのでは?)。
バス停から歩き出すや、すぐに皮膚を刺すような強い日差しで汗が吹き出し慌てて士多で水を購入。
マングローブの植生も見られる鹹田の運河沿いに進むと河口のビーチが眼前に現れて、ホッと一息。
このあたりは民家がほとんどないにもかかわらず車が次々にやってくるのは、この芝麻湾道の先にある刑務所のせいで一車線の端を歩く我々に遠慮せず猛スピードを出して追い越してくれます。
面会にいくのかタクシーも次から次へと飛ばしていくのを見て、ようやくここまでタクシーで来れば良かったことに気づいたのでした。

74d77580.jpg

1962e5a6.jpg

226d1cd7.jpg

d5ece109.jpg

2d5e5d65.jpg

932389ed.jpg

ae3dd343.jpg

eb3938b2.jpg

3fc984bb.jpg

a6c27123.jpg
www.flickr.com
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
月別アーカイブ
*iphone アプリ 開発
*ラティース ラティッセ
  • ライブドアブログ