香港郊野遊行・續集

香港のハイキングコース、街歩きのメモです。

2008年09月

『情逢敵手』DVD化。


楽貿(Joy Sales)より10月3日発売という告知がでてきたのが甄子丹1985年のデヴュー2作目「情逢敵手」DVDです。(今、観ると少々ツライものがありますが・・・)
これまではかなり以前に出たメガスター版のVCDだけだったと思います。
しかしこんな作品よりも「洗黒銭」や「666魔鬼復活」などが先に出て当然ではないかと思うのは私だけではないはず。

dbc9a54b.jpg

2affd4a7.jpg

f3489ff0.jpg

fed07e75.jpg

881984aa.jpg

台風被害その3


台風による浸水被害を受けた大澳では住民たちが「大澳923水災災民申訴大會」を開き、当局による被災後の対応が遅いことへの不満を訴えています。特に町中に溢れているゴミの処理や大規模な消毒を要求しているとことです。

14aa9190.jpg


碼頭が破壊されたランタオ大浪村の西隣にある二浪灣に建つ高級マンション澄碧邨。ここのビーチには千年前の唐時代に使われていた石灰竃古蹟があったのですが、高波によって周りを囲んでいたブロックごと大きくえぐられてしまいました(3枚目が被害の画像です)。

aca68218.jpg

f153fec6.jpg

e1b37115.jpg

西環で倒木。


昨夜10時に西環のジョージ5世紀念公園(東邊街と醫院道のそばといいますから北西部分の隅でしょうか)で高さ20m余りの榕樹が根元から折れ倒れたという記事です。この前の赤柱での倒木では死者が出ましたが、今回は幸い通行人への被害はなかったとのことです。
今年は台風や強風で市中の街路樹に多くの被害が出ていて、いくら亜熱帯で生長が早いとはいえ10m以上になるのはそれなりの時間がかかると思われます。
記事では、場所を西環と表記しているのですが地図を見ると上環の外れという気がします。前から思っているのが、どこあたりで上環と西環を区切っていうのか? おそらく地元では案外大雑把に捉えているかなぁと。

b5c5515f.jpg


台風被害その後。


台風が去り、まる2日経ち長洲や大澳では復旧活動が始まったそうですが全く手付かずにされている場所がここ大浪村です。
ランタオ島・芝麻灣半島の南端にある50人ほどの住人が住む大浪村では台風によって碼頭が破壊されました。1枚目が壊される前の様子です。
ここは村民の足として船で長洲へ買物に行くしかないため、現在水と食料が絶たれた孤立状態になっているとのこと。

7cb10b9d.jpg

03a10b87.jpg

00899bb7.jpg

台風被害の惨状。


今回の台風「黒格比」の被害は、満潮と高波が重なり離島の大澳と長洲に特に大きな被害をもたらした模様です。
大澳の永安街は人の胸まで浸水してしまったようです。
大澳文化工作室もひどい有様で、壁の矢印の所まで水が上がってきたようです。9枚目の画像は水が引いたあとに残された発泡スチロール製保冷箱の残骸です。

cb1e4351.jpg

b1255d10.jpg

979b1f9b.jpg

70bb7ea7.jpg

1dd1267c.jpg

6e04b2f3.jpg

640d70b4.jpg

28c334e1.jpg

04dbc7da.jpg

fd94ca99.jpg


取り付け騒ぎが起きている東亞銀行の大澳支店も店内まで水を被ったようです。

9bf9adc2.jpg


尖東海浜公園プロムナードも大波に煽られた台船にぶつけられ200m近くも破損してしまいました。
この夜、インターコンチネンタル・ホテルのハーバービュー・ルームに宿泊していた人は眠れたのでしょうか?

59762ad0.jpg

283c53e7.jpg


ホンハムのハーバープラザ・ホテルに隣接するオフィスビルの外壁ガラスの様子です。深夜で下に通行人がいなかったのが幸いです。

3c8b0297.jpg


鯉魚門も10m近い大波を受け大きな被害が出ています。

15d584e7.jpg


この様子のニュースの映像がpick up HongKongにあります。

台風「黒格比」でシグナル8。


昨日、香港の南を通過した台風「黒格比」(ハグピート?、ハグピット?)ですが予想以上の強風でかなりの被害が出たようです。
機場でも85便の欠航、155便に遅延が生じたとのことです。
2枚目と3枚目は、石澳の様子です。4枚目は杏花邨の岸壁沿いの歩道。次は赤柱での倒木です。5枚目は西環での高波です。

f0652417.jpg

5d7cda67.jpg

4f43a0e3.jpg

c080064a.jpg

7a2fc945.jpg

c2624403.jpg

25e0f9d4.gif


長洲は特に被害が甚大だったようです。
東堤の渡假屋が受けた被害です。想像を超えた高波の凄さです。


9c7ffe58.jpg

1af3dcbf.jpg

925a9e28.jpg

88e3c043.jpg

bbaeb017.jpg

dbb3e9a4.jpg

5de86142.jpg

電影資料館にて


電影資料館のロビーに閉館した皇后戯院の小さなコーナー展示がありました。実際に使われていた映写機が置かれ、資料館製作による5分くらいの「メモリー・オブ・クィーンズ」なるビデオ映像が流れています。
「憶記戯院記憶」の著者である黄夏柏さんも出ていました。
上映ホールでは、譚家明のTV演出作品の特集上映だったのですが入場者が意外に若い人の多いのに驚きました。このあと寄った油麻地のKUBRICで見かけたのがイタリア人による大判の譚家明研究本で、日本以外の国での香港映画熱の盛り上がりを感じさせられました。

a7dc0e0e.jpg

39faf83c.jpg

33f91223.jpg

722aaea1.jpg

f0b79a80.jpg

近日公開作。


ac48a76b.jpg

c6cae171.jpg

a0c227d6.jpg

a899c2b2.jpg

8c6e576c.jpg

銀都で『導火線』


今回は、公開時期の谷間で観るべき映画なし・・・のはずだったのですが。
帰国前日の朝刊で「導火線」を四點場で上映というのを発見! 昨年8月以来の劇場での見物に觀塘の銀都まで足を運びました。
スクリーンが汚れ、映写機の光量が弱かろうがやはり映画館で観るものですね(などといいつつ来週あたりに届くドラゴン・ダイナスティー版"FLASH POINT"を楽しみにしておりますが)。
実は、旺角からタクシーを飛ばして息せききってチケット窓口に来たところ、「導火線」ではなく「盗火線」の掲示! まさか別のバッタモン映画か? あせって中のお兄さんに「イェン・ジータン?」と聞くと、「ん? そう甄子丹」との答えで要はPOP屋の誤植でした。ホントあせりまくりました。
それにしても客は我々を含めて10人に届かない(寄席でいうところの"つばなれしていない")入りではフィルムのレンタル料も出ないのではと、要らぬ心配をしてしまいます。

62e2aadc.jpg

75fb4b67.jpg

2e2c1a0d.jpg

b0010ff4.jpg

83807779.jpg

101f93ab.jpg

1f842ade.jpg

121bade6.jpg

9fd3b55f.jpg

d37ea307.jpg

26b24542.jpg

fc2d648a.jpg

972258a9.jpg


街で見かけることのなかった「大捜査之女」のポスター、ようやくここにありました。

6ecda387.jpg

ちなみにこんな画像がありました。1966年の銀都前の風景です。

ap_20080918023125894_jpg




NW帰国便で再びトラブル。

本日さきほど香港から帰国しました。
ディスカウントチケットといえばNWということでまた利用したのですが、帰国便でエアコンの故障による遅延を余儀なくされました。
AM7時50分に機内に入るといつもは寒いくらいに冷房がガンガン効いているのに妙に暑いのです。出発時間になり安全確認の説明も済んでも動く気配がなく、しばらくすると「空調システムのトラブルで調整中。あと15分くらいかかるみこみ」というアナウンスがあり、次第にはあと30分、あと45分と延びていきました。
機内は段々暑くなってきていらついて歩きまわる乗客達に、フライトアテンダント達は水やジュースを配って歩いているだけでした(3枚目)。1時間を過ぎて30℃を超えたあたりでようやく応急用の発電車が呼ばれ微弱な冷風が流れ始めてのですが、客席全体をカバーするほどのパワーは無理らしくほとんど焼け石に水です。
なにせコンクリートの上で夏の太陽が照りつけるという状態なので、窓からの陽射しを避けるためブラインドを下ろしていて機内は暗くなっています。

dba4fecf.jpg

f708137d.jpg

581d08a2.jpg


AM10時35分にやっと修理が終わり無事離陸しましたが、実に3時間近くもの間暑い機内に閉じ込められるという情けない体験をさせられました。
しかし乗客を乗せる前から不具合は分かっていたはずなのに、この不手際は相変わらずのNWと言うべきか整備をケチってどうする!?と突っ込みたくなりました。
www.flickr.com
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
月別アーカイブ
*iphone アプリ 開発
*ラティース ラティッセ
  • ライブドアブログ