香港郊野遊行・續集

香港のハイキングコース、街歩きのメモです。

2008年11月

『復仇(Vengeance)』撮影風景。


この「復仇」、どうやら2009年5月のカンヌでお披露目というスケジュールで進んでいるようです。
一枚目の画像は、西貢で行なわれたロケ中の食事(この日は、カーアクション場面の撮影だったようです)。ここでは撮影開始時に地元のチンピラが陀地費(ショバ代)をせびりに現れ、警察を呼ぶ一幕もあったそうです。
次は、フランスのアジア映画好きサイトにあったこの画像で土瓜灣にある白宮冰室での撮影風景です(カチンコには、11月15日の撮影と書かれています)。
「文雀」に続いて思い切り香港ローカル色を強調した場所でロケしているようです。

09412a8b.jpg

42f1ee4c.jpg

6b7e945f.jpg

6be99e58.jpg

585fa5bc.jpg


ちなみに、この店です。

8310fccf.jpg

5b74fab2.jpg

c5fd2857.jpg

新作『復仇』


杜琪峯の新作「復仇」の撮影がよりによって人出の多いあの旺角の西洋菜南街で行なわれていました。
フランスからジョニー・アリデイ(昔、日本ではジョニー・ホリデイと呼んでいたのを憶えている人もおいでかも)、黄秋生、林家棟、林雪、任達華といつもの杜組の面々(他に銀河映像作品には珍しい黄日華も出演とのこと)。
杜導演が珍しく道路使用許可をだした当局に感謝の意を表しています。エキストラを大勢使うあたり、今回は合作相手であるフランスからの製作資金が潤沢なようです。
ちなみに今作はメディア・アジア、銀河映像、ARP(フランスでの「黒社会」シリーズの配給会社)の3社による製作で2009年サマーシーズンの公開予定。

bab03960.jpg

c06fc0f1.jpg

7a0261d0.jpg

eb10e69a.jpg

59ad94bc.jpg

97e2d5c8.jpg

3c08aeb9.jpg

c8399f77.jpg

46ed16a3.jpg

ce60b49d.jpg

80f5cdb2.jpg

4e3aea08.jpg

3dbdec44.jpg

d7416b36.jpg

ba6b4a24.jpg

「油麻地戯院」


あの「油麻地戯院」が、改修され広東オペラを上演する劇場として再生されるという嬉しい記事が出てきました。
建築署の発表によれば、現行の消防条例等の基準をクリアした上で、できるだけ映画館の初期の形を復元する改修になるとのことです。

118f93e3.jpg

『殺破狼』ドラゴン・ダイナスティー盤 続き。


続いて、ラストのサモ・ハンとの死闘の撮影風景です。
ここでは谷垣健治さんもドニーの片腕らしく存在感を出しています(現場では広東語・普通話・日本語が飛び交っています)。ドニー演出での副武指の役割というものが具体的に見ることのできる貴重な映像だと思います。
スタッフに混じって顔を見せている元華似のスチールカメラマンは、木星氏でしょうか。


4bec18b0.jpg

f0d9806e.jpg

ef30874e.jpg

1e0956f7.jpg

6835c05c.jpg

f70704e4.jpg

27341c00.jpg

37a01e0e.jpg

ff0d1225.jpg

a9799cb1.jpg

d36d6bbe.jpg

e6fcc7f0.jpg

0e05d1de.jpg

dbd49783.jpg

a7b9a8ef.jpg

『殺破狼』ドラゴン・ダイナスティー盤。


米ドルが95円にまで下がり急いでオーダーして昨日、届いたのが「KILL ZONE」。函入りだとは思いませんでした。
DISC?に収録されている特典インタビューがちょっと期待はずれでした(ご本人たちが一方的に話すかたちなので、当たり障りのないトークに終始している印象です)。
しかし驚いたのがDISC?の本編に続いて収録されているメイキング、香港盤のは僅か10分ですが、こちらはなんと1時間! それもこの作品のクライマックスであるドニー対呉京の立ち回り、それにラストのサモハンとのバトルでの撮影!
ドニーがアクションをつけている風景をじっくりと見せてくれたのは初めてではないでしょうか。
何度も何度も練習してリハーサルを繰り返し、本番でもドニーの「OK!」が出るまで根気よく続く過酷な撮影風景です。
最後の画像は撮影打ち上げ(呉京出番終了?)に現場でシャンペンで乾杯をしていました。
このメイキングだけでも買った甲斐があったというものです。

まだお持ちでない方は是非入手される事をお薦めします!!

166fbf93.jpg

f1668eb5.jpg

66623f55.jpg

e3e73f6a.jpg

ea56ca21.jpg

7abe8a42.jpg

ed59edcd.jpg

7161797a.jpg

a2244e54.jpg

838cedf7.jpg

9c1d1369.jpg

ef3f0342.jpg

『666魔鬼復活』イギリス版DVD。


1ポンドが140円近くにまで下がってきたので、こんなものにまで手を出してしまいました。
ドニー人気の上昇でどこかの会社がまともなかたちで発売し直してくれるかと待っていましたが全くそんな気配はなく。8年近く前に出たこのM.I.A Video(レーベル名がなんと"英雄本色")版のDVDが届きました。
台湾版DVDと同じジャケットということで、全く期待はしていなかったのですが・・・画質はVCDと大差のない程度、サブタイトルの中英文がプリント焼き込みなのでVCDかレーザーディスクのマスターの流用かと思われます。とても大画面での視聴には耐えられません。TVで観て「おおっ、VCDよりはマシか」と納得するほかありません(エンドクレジットの文字が読めるようになり、ロケをした茶餐廰の店名が読めた! と喜ぶくらいの情けなさです)。
スペシャル・ワイドスクリーン・エディションと大袈裟な表記ですが、ただのレターボックス仕様。香港公開用の予告編が付いているのが唯一の救いです。


5a9cf30b.jpg

4808e985.jpg

911776e0.jpg

eecd5f9f.jpg

『殺人犯』


昨日、記者発表が行なわれた郭富城主演の新作ポリス・アクションです。
リー・リンチェイの会社である正東の製作で、監督はアン・リーのアシスタントをやったという新人です。
妻役に台湾の女優さん、共演者がいい顔ぶれで、動作指導を兼ねた銭嘉樂、何超儀、張兆輝、黄又南。
脚本が「江湖」「霍元甲」の杜緻朗、撮影が「花様年華」「女人四十」の李屏賓、音楽が梅林茂というA級スタッフなので、心配なのが導演だけです。
(どうやらハードな描写があるため?級指定の模様)

1bf09dab.jpg

『香港飲茶ガイド』


日経BP・旅名人ブックスシリーズの「香港歴史散歩」に続いて「香港飲茶ガイド」を入手しました。
今回はじめて目を通したのですが1998年・初版で最新版が08年9月で4版目とあり立派なロングセラーでした。
灣仔の龍門大酒樓や元朗の大栄華を取り上げてはいますが、それでも有名どころが多くて地元密着の酒樓が少ないのが残念です(数が多すぎるせいもあるでしょうが)。
ちょっと不思議なのは、各店のデータ欄に禁煙席の有無を記載していること。基本的にレストランは全て禁煙が実施されているので、これは単に旧版データのチェックを怠っただけなのでしょうか? それにしても食欲をそそらない写真の発色ではあります。
お約束のように川龍村の端記が載っていますが、バスやタクシーを使ってまで出かけるほどの場所じゃないんだけど・・・というのが正直なところですが。「人肉叉焼包」の撮影地見物としての訪問こそが正解では、と顰蹙を買うでしょうがかなり本気で思っています。「人肉」といえば、久し振りに張之亮導演作「籠民」を見直すと住民を取材する香港電台の取材クルー役にハーマン・ヤウが出ていましたっけ。


ea71b583.jpg

91595e81.jpg

96d70fe6.jpg

c3b6da4a.jpg

柴灣「新桂香焼臘」


7年前に初めて訪れ、その味に感激し再訪すると店はなくなりワトソンズに姿を変えていて大落胆したのが「桂香焼臘飯店」です。
その後、店名を「新桂香」と変え再開したというので久し振りに柴灣まで出かけてきました。以前の店に比べると半分にもならないスペースですが、叉焼の味に変わりはなく来た甲斐がありました(店を見つけて、思ったのが味も変わってしまっていても当然かなと)。喩えていうと灣仔「再興」と九龍城「榮記」の中間でしょうか。
店内のテーブルは二人掛けが3卓ほどしかないので、当然のように歩道テーブルでの食事になりました。実は、このとき台風が近づいており雨の晴れ間にたどり着いたため風と空模様を気にしながらの昼食でした。
焼臘店の激戦区柴灣でも、ここは人気店のようで外売の客が絶えません。


4374be20.jpg

521510ce.jpg

b7d91845.jpg

346df424.jpg

3ea2b0b8.jpg


こちらは、七年前の店舗風景です。

f97cf6dc.jpg

12b8fedc.jpg

商場は相変わらずの冷蔵庫状態。

民間の環境保護団体「環保觸覺(グリーンセンス)」が10月に行なった商場(ショッピングモール)のエアコン温度を調査した結果の記事です。
香港50商場の平均空調温度が22.6℃、その内12商場は22℃以下というあきれた数字です。なかでも最悪なのが長沙灣廣場で、なんと20.8℃!(休日の夜は19.8℃になっていたと)
いくら先月が10月の平均気温の記録破り(26.4℃)だったとはいえあまりにも呆れた数字です。
紹介されている各ワースト商場の温度です。
  長沙灣廣場・・・・・   20.8 ℃
  沙田好運中心・・・  21.1 ℃
  圓  方・・・・・     21.4 ℃
  海 港 城・・・・     21.6 ℃
  ? 楊 坊 ・・・・    21.6 ℃
  東 港 城・・・・     21.8 ℃
  ホンハム都會商場・・・   21.8 ℃
  置地廣場・・・     21.9 ℃
  港景峰商場・・・    21.9 ℃

画像は、閑散とした店内をますます寒くさせている長沙灣廣場。

2af2fb11.jpg


www.flickr.com
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
月別アーカイブ
*iphone アプリ 開発
*ラティース ラティッセ
  • ライブドアブログ