香港郊野遊行・續集

香港のハイキングコース、街歩きのメモです。

2009年03月

THE ENFORCER


ドラゴン・ダイナスティからリリースされた「THE ENFORCER」こと「D&D/完全黙秘」が届きました。
香港の美亞からHDリマスター盤が発売されてはいますが、当然それ以上の仕上がりを期待してオーダーしたのですが・・・・。
画質は充分に満足できる状態です。レストアがきれいに施され傷はほとんど見当たりませんし、粒状感というのでしょうかフィルムの質感を感じられます。
タイトルは英文表記になって、製作会社である永盛のクレジットもカットされています。
ところが、なんと広東語音声が収録されていません! 英語吹き替えのみという仕様なのです。
セリフだけではなく、効果音と音楽も全て差し替えられています! 
セリフの英語化ならばまだ北京語を聞かされるよりマシですが、新しく付けられた効果音に香港映画独特の派手なハッタリ感がまるでなくアクション場面の迫力が半減しています。
突きやパンチが空を切る音、なかでも拳銃音がリアルにしたつもりなのか「パンパン」という変えようです。ここはやはり香港風に銃の種類や口径の違いなど無視した「ドギュンドギュン」というサウンドエフェクトでなければ(怒)。
ちなみに特典として王晶・謝苗・盧惠光へのインタヴューのみで、予告編も収録なしです(いつものベイ・ローガンによるコメンタリー付き)。
95年の作品なのですからオリジナル素材の欠落・紛失というのは考えにくいのですが・・・・。
これから出されるという「方世玉」「ターゲット・ブルー」の仕様が心配になってきました。

0efbe99c.jpg

674ff2b4.jpg


これがオリジナルのタイトルですが。

00c73bb0.jpg

90053ae3.jpg

f0f44092.jpg

e4b0b1fc.jpg

2a79299e.jpg

d7f7c7a4.jpg

05c91b4f.jpg

532ae8a1.jpg

香港のりもの紀行

港フリークならば恐らくその名を知らない人はいないのでは?と思われる小柳淳さんが地図出版の昭文社から1997年に出た「香港のりもの紀行」。
97年の返還本出版ラッシュでは立ち読みしただけで買いそびれてしまい、その後あちこちの古書店を廻っても入手できずに12年経ち、つい最近なにげなくアマゾンで検索するとなんと在庫があるという本屋が見つかりあっさり手に入れることができました。造本はまるでNHKの語学テキストのようですが、中身は充実した文章で写真はすべてカラーです。
文中で一番羨ましかったのが、大澳で例の渡し舟を体験されていることです。96年に姿を消したということなので、我々が初めて大澳を訪れたころは残念ながら今のスチール製吊り橋に変わっていたのです。
いわゆる香港好きを対象としたような香港本はほとんど女性ライターによって書かれているので、男性ライターによるこの本は今や貴重でしょうか? 


7c0d7e92.jpg

19580ba7.jpg

8edbde0c.jpg

標記焼臘飯店


ずいぶん長い間、焼臘店のウォントリスト(?)に挙げていた荃灣・街市街の標記焼臘飯店です。
名前のとおりに街市のはす向かいという人通りが絶えない絶好の立地です。看板が2種類(焼臘と海鮮)掲げられていて、一瞬あせりましたがよく見るとふたつの店舗というものの中に入れば同じ店内で一安心。
正直なところ、大きな期待をしていなかったのですが・・・上出来の叉焼! 見た目ほど甘みが強くなく、焼加減も上々です。油鶏飯も充分いけます。
こんな店が24時間営業とは! 夕方近くに訪れたために売り切れだった點心も心残りです。
次回も荃灣まで足を運ぶことになりそうです。

434a4cbb.jpg

524ed3fe.jpg

ea5669da.jpg

81b5840a.jpg

90beaa36.jpg

950cee10.jpg

909f811f.jpg

e4077e7d.jpg

d5ff4433.jpg

06825d27.jpg

88a501dd.jpg

6588b498.jpg

eb536c7c.jpg

『香港追憶』


ドキュメンタリー写真の大御所、長野重一さんが1958年に撮影した「香港追憶 1958」という写真集が出版されていました。
香港仔で撮られた水上生活者の女の子の笑顔が印象的です。先週、見てきた土門拳の写真展で見た昭和30年頃の江東の子供達と、この昭和33年の香港で撮られた子供たち、実に良く似た笑顔をしています。

68dc8a6e.jpg

853fd7ed.jpg

9f858180.jpg

d6c6a3f3.jpg

6ea6836f.jpg

b9a5e723.jpg

91a754fa.jpg

c135ee68.jpg

fdebc26f.jpg

23479a9e.jpg

150eb768.jpg

fbe8c8cd.jpg

2775d01b.jpg

c53968d2.jpg

b66150e1.jpg

『復仇』ポスター&スチール。


「復仇」の5月カンヌ上映(映画祭は5月13日から24日まで)に向け、映像素材が出始めました。
このフランス版ポスターには5月20日公開という日時が既に明記されています。香港公開がサマーホリデーということになると、まさか仏版DVDが先に出てしまうなんていうことに・・・。
こちらに50秒ほどのティーザーを持ってきました。音楽は「放逐」そのままというサウンドなので同じGuy Zerafaでしょうか?
http://d.hatena.ne.jp/sorrel/

35836d66.jpg

6d66946f.jpg

333e22d7.jpg

5b97fbc3.jpg

dbee9531.jpg

fc24506f.jpg

『黑社會』九龍水塘、再び。


マクレホース・トレイル6段から城門水塘へは九龍水塘を通っていくことになるので、ついでに「黑社會」ラストシーンのあの水辺を再確認してきました。
舗装路の脇にあるBBQエリアの端から林を下ってすぐにあの水中に落ち込んでいくコンクリート階段が見えてきました。
撮影時とは潅木が大きく茂ったくらいでほとんど変わっていません(当然といえば当然ですが)。ここまではあのサル達もこないので安心していられます。


14d34cbe.jpg

02b262c6.jpg

a740ad35.jpg

073a8526.jpg

5f541150.jpg

2f26c385.jpg

4ca59420.jpg

53ca5eb0.jpg

dbb5f5cd.jpg

e3fc4eb3.jpg

6048e9b9.jpg

7c0353a8.jpg

20ac360a.jpg
www.flickr.com
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
月別アーカイブ
*iphone アプリ 開発
*ラティース ラティッセ
  • ライブドアブログ