香港郊野遊行・續集

香港のハイキングコース、街歩きのメモです。

2009年10月

『導火線』仏版Blu-ray。 その2


実は前から気になっていたのが、劇中で病院エレベーターでの襲撃から始まる追跡場面でコンクリート製の急斜面を一気に駆け下りるロングショットです。
おそらく半山區のどこかではないかと推測していたのですが、決め手の道路標識が確認できずにいたのですが・・・・Blu-rayの画面でようやくプレートの文字が読み取れました! これで2年に及ぶ胸のつかえがおりたというものです。
それにしてもカチンコに書かれている作品名が当初のタイトル「破軍」ではないのは??

cf7cd7bf.jpg

3f66d4a3.jpg

00fa827a.jpg

72b89011.jpg

7f37befb.jpg

76c949f9.jpg

e2862d68.jpg

272321ba.jpg

『導火線』仏版Blu-ray。


このフランス盤ですが、収録音声は香港盤の内容に仏語吹き替えが加えられた仕様とばかり思っていたのですが・・・・なんとオリジナル中国語音声というのが北京語! 広東語音声は未収録です(というわけで香港盤も手放せなくなりました)。
フランス人にはそこまでのこだわりが薄いということなんでしょうか?
ただ、フランス語吹き替えが意外に違和感がありません。英語を喋られるよりはよほどしっくりしています(なかでもコリン・チョウの吹き替えは声質も似ていてドンピシャ)。
特典のフォト・ギャラリーですが、ここで初めて目にする画像も多くありました。スチル・フォトグラファーのクレジットには二人挙げられていましたが、ジュピター・ウォンこと木星氏が撮ったと思われるカットは簡単に判別できるのでは。

242cad7a.jpg

6a609a0a.jpg

b2c042e8.jpg

22597153.jpg

d8dfdf6a.jpg

868cf5dd.jpg

c71d36de.jpg

c1d6c12a.jpg

e6b3655d.jpg

b8cfbcb7.jpg

a5b81145.jpg

『FLASH POINT』到着。


ユーロが安くなり始めた9月にオーダーした仏盤「導火線」Blu-rayが3週間!かかってようやく届きました。
たとえ中身にさして差がないのが明らかでも、このパッケージ・デザインを目にしたら欲しくなるというものです。
リージョンコードはパッケージにはB表記ですが、ディスク面にはABCと実質オールという表記です(当方の使用機がリージョンフリーなため判別が?)。
特典では、香港盤にあった編集で切られた場面集が無い代わりにフォト・ギャラリーが入っています(このスチール集が初見のものが多く、この作品に惚れこんでいるワタクシのような者には香港盤と違うものを出す!というフランス人の意欲?を感じさせてくれます)。


78d68f64.jpg

f95cf180.jpg

13d874bc.jpg

中秋節


中秋節の昨日、現地ではお月様がきれいに出てくれたようです。
ビクトリア・パークは15万人の人出だったそうです。今年は昴坪のロープウェーが夜間営業をするというのでここも賑わったそうです(通常6時30分迄を夜10時迄)。でも東涌や機場の明かりが見えなくなると大仏が見えてくるまで真っ暗な山中が続くだけですから、他人と相席だと間が持てなかったりして?

a522eb90.jpg

7699593a.jpg

b6258073.jpg

b13c1896.jpg

4b60f17c.jpg

カルト映画50選。


9月5日付け蘋果日報の娯楽面に目を惹く興味深い記事がありました。
アップル・デイリーが選ぶ「香港カルト映画50選」なる企画です。
1位から10位が次のとおりで、後の40本はランク無しの年代順ということです。
① 打蛇
② 力王
③ 伊波拉病毒
④ 第一類型危険
⑤ 蛇殺手
⑥ 回魂夜
⑦ 山狗
⑧ 一個字頭的誕生
⑨ 中国超人
⑩ 戰神
中には「香港製造」のようにロー・バジェット映画ながら数多くの賞を獲り、90年代を代表する作品になってしまったものをカルト片と呼ぶのにはちょっと疑問ではありますが。
徐克の初期三作と「刀」というのは順当なところで、葉偉信の「旺角風雲」というのは意外です。
それにしても彭浩翔の二本は「買凶拍人」だけで充分では?
カーク・ウォンの二作品はVCDで見かけて買いそびれ、以来どうやら幻の映画になりつつあります。

3f9b4b13.jpg

523893b0.jpg

3585dd12.jpg

803af40a.jpg
www.flickr.com
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
月別アーカイブ
*iphone アプリ 開発
*ラティース ラティッセ
  • ライブドアブログ