香港郊野遊行・續集

香港のハイキングコース、街歩きのメモです。

2010年01月

戻ってきました。

昨日は、このビル崩落ニュースでもちきりでした。
11月とは、うってかわって低い雲と霧の現地でした。

2010_01300647

2010_01300611


2010_01300055

2010_01300048

2010_01300046

2010_01300043

2010_01300056

2010_01300068

2010_01300210

梧桐寨瀑布へ。 その4

中瀑の天然クーラーですっかり汗が引いたので、次の主爆へ向かいます。
中瀑までわりと楽に行けたのですがここから先は急な階段が続きます。
20段ぐらい上っては止まっての繰り返しでひたすら登ります。
途中で猿の鳴き声が聞こえて驚きました。
45分位でやっと主爆に到着しました。
滝の高さが30メートルあり香港で一番長い滝だそうです。
水が流れ落ちるさまは中瀑の方が迫力がありました。
滝壺はそんなに深くなく水がとても綺麗なので水浴びをしたら最高に気持ち良いだろうなと思いましたが、水着を持ってきていないので断念。
汗びっしょりになったシャツを着替えて来た道を戻って無事下山しました。

2009_09050439

2009_09050443

2009_09050446

2009_09050451

2009_09050452

2009_09050453

2009_09050465

2009_09050467

2009_09050478

2009_09050494

2009_09050483

2009_09050487

2009_09050488

2009_09050501

2009_09050496

2009_09050498

2009_09050905

2009_09050503

2009_09050518

2009_09050553

2009_09050573

銀河映像新作、開鏡式。

以前から話が出ていた任賢齊の新作が動き始めたようです。
本人が「杜sirとまた仕事をする」なんて発言をしていましたが、結局のところジョニー・トーのプロデュースで羅永昌監督作品のようです。
昨日、銀河映像のいつもの駐車場でメディア向けに開鏡式を行なったという記事がありました。
タイトルは『報應』、劇中で任賢齊は黄秋生のボディガードに扮するとのこと(お久し振りのキャンディ・ローも共演とか)。

ncbrka03_20100119180454_big

uhk-13

U2231P28T3D2850410F329DT20100120112708

xin_06201072008211402372114


梧桐寨瀑布へ。 その3

井底瀑で小休止して次なる滝へ向かいます。
10分もかからず"中瀑"に到着しました。
井底瀑より数倍の迫力でしばし呆然と見とれてしまいました。
滝壺に一番近い岩に座って滝からの涼風を堪能します。
滝からの霧状になった飛沫を浴びるのがこんなにも心地よいとは思いませんでした。あまりの気持ち良さに時間を忘れてしまいそうでした。
ここまで他にハイカーと会うこともなく、滝壺の空間を独り占めしているような贅沢感を十二分に味わえました。


2009_09050370

2009_09050372

2009_09050375

2009_09050376

2009_09050377

2009_09050382


2009_09050389

2009_09050408

2009_09050403

2009_09050393

2009_09050399

2009_09050402

2009_09050390

2009_09050422


梧桐寨瀑布へ。その2

歩き始めてから前回の雨のときに行かなくて正解だと思いました。
ご覧のように舗装路ではないためかなりぬかるんで危なかったことでしょう。
スタートしてひたすら登っていき25分ほどで最初の滝"井底瀑"に到着です。
小ぶりながら滝つぼのすぐそばまで行けるので滝のしぶきを浴びて天然のクーラー状態で疲れも吹き飛びます。
最初の滝でこれならば次の滝も期待できるというものです。

2009_09050317

2009_09050321

2009_09050325

2009_09050332

2009_09050334

2009_09050339

2009_09050341

2009_09050344

2009_09050350

2009_09050348

2009_09050349

2009_09050364

2009_09050366

梧桐寨(Ng Tung Chai)瀑布へ。

香港にも滝があるというのを初めて知ったのが、あの香港通信の1995年5月号掲載の「香港旅遊指南・梧桐寨」という記事でした。
このころは新界は、まるで見知らぬ遠い世界の話というころでしたから距離感も全くわからず正直なところ読んでもピンときませんでした。
あれから14年、09年9月にようやく足を運ぶことができました。
実は6月に初めて出かけたのですが、山道のスタート地点で雨に降られて泣く泣く断念したので再挑戦というわけです。
ついKCRのと言いたくなりますが、MTRの太和から25Kというミニバス(梧桐寨村で折り返してくれる循環バスなので降車を間違えることがありません)が出ているのでこれに乗り、20分くらいで到着です。
畑を横に見ながら舗装された小道を登っていくと、村の中心らしい広場にでます。そのまま寂れた士多の脇を入って左手へ進んでいきます。
ここからはきれいな石畳が延々と続きます(95年当時は山道だったようです)。
この石畳の萬德徑を10分ほど歩くと萬德苑というお寺に着き、そのまま通り過ぎてすぐの石橋を渡ると小さな滝が見えてきました。
実際滝というよりはお寺の畑への灌漑用水のため池にそそぎ落ちている流水という感じでしょうか。
ルート表示板が建っておりここから本格的にスタートです。

RIMG4175

2009_06270407

2009_06270408

2009_09050279

2009_09050281

2009_09050284

2009_09050285

2009_09050289

2009_09050290

2009_09050292

2009_09050295

2009_09050296

2009_09050298

2009_09050301

2009_09050302

2009_09050313

『殺破狼』UK版Blu-rayが発売。

「葉問」をリリースしたイギリスのShowbox Mediaから今度は「殺破狼」のブルーレイが発売されるとのことです。
香港デルタマック盤に慌てて手を出したのを後悔しています。
アマゾンUKには、3月8日発売で18ポンドということのみで収録内容の詳細はまだでした(ドラゴン・ダイナスティーのロゴがあるので、同じマスターを使用しているのでは? 特典も同じ?)。
同じく3月22日には、陳嘉上導演の「新精武門」もリリースとのこと。
12817263x
12846827x

しばらくリリースが途絶えていたドラゴン・ダイナスティからとうとうブルーレイが3月末に発売されます(「少林寺36房」「喋血雙雄」)。

羗山へ。その3

この日は、途中ですれ違ったのは結局3人(香港人2人・白人1人)でした。
このままどんどん進むと鳳凰徑第6段に入り大澳まで行けるのですが、今回は萬丈布(小さな滝)へ向かう分岐点で海方向に下って石壁に戻るという道筋を取りました。
凸凹道が終るころから植林された松林の中をコンクリート階段を下るのですが単調でうんざりさせられ、15分くらいの距離がひどく長い時間に感じられます。
山を降りきったところが引水道で最後は舗装路を歩くという、ちょっと興ざめなルートではあります。
バス停近くでようやく野良牛の姿に遭遇できました。

2009_11280705

2009_11280717

2009_11280718

2009_11280724

2009_11280729

2009_11280733

2009_11280740

2009_11280742

2009_11280745

2009_11280747

2009_11280749

2009_11280751

2009_11280757

2009_11280761

2009_11280768

羗山へ。 その2

見事な眺望はいつまで眺めても見飽きません。といってもここが目的地ではないので、名残惜しいですが先へ。
このあたりは野良牛が多く出没するというのですが、この日は糞だけは落ちていますが姿はありません。
石段を登っていても海から吹き上げてくる風が実に心地よく、眺めも素晴らしくいいので小休止ばかりしてしまいます。
昼食をしながら1時間ほどで羗山頂上に到着です。
この日は低い雲も全くなく、大澳からぐるりと眼下の大浪灣まで見渡せる最高の眺望です。

2009_11280666

2009_11280667

2009_11280669

2009_11280670

2009_11280674

2009_11280679

2009_11280686

2009_11280688

2009_11280689

2009_11280694

2009_11280698

2009_11280699

2009_11280702

羗山へ。

2009年11月、ランタオ島の羗山(Keung Shan)へ。
ほとんど日陰がないというんで、暑い時期を見送っていたランタオ・トレイル5段の羗山へのハイキングです。
東涌から大澳行きバスに乗り、石壁水塘を過ぎて登っていった峠にあたる深屈道で降りたところが鳳凰徑第5段の起点でした。
目の前には観音山(映画のデヴィルズ・タワーを思わせます?)がどーんとそびえており、さぁあれを目指して行こう!という気にさせてくれます。
ランタオ・ピーク登りと同様の岩石を積んだ階段が続きます(これは一段として同じ寸法ではないので歩いていても飽きません)。
大雨による土砂崩れが石段まで迫っている箇所がありましたが、斜面の修復はまだまだのようです。
30分ほどで観音山頂上近くの眺望ポイントに出ました。鳳凰山から石壁水塘を見渡せる素晴らしい眺めです。


2009_11280624

2009_11280626

2009_11280628

2009_11280631

2009_11280633

2009_11280642


2009_11280637

2009_11280643

2009_11280646

2009_11280647

2009_11280648

2009_11280651

2009_11280654

2009_11280656

2009_11280948

2009_11280947





www.flickr.com
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
月別アーカイブ
*iphone アプリ 開発
*ラティース ラティッセ
  • ライブドアブログ