香港郊野遊行・續集

香港のハイキングコース、街歩きのメモです。

2010年11月

沙田坳から獅子山へ。その2

鶏胸山といっても頂上への目印もないまま稜線沿いに通り過ぎていくと、フラットな道に。
このあたりから32℃と真夏の陽射しでかなりの疲労困ぱい状態です(それでも下から吹き上げてくる風があるので助かります)。
途中で目にした古びたコンクリートの座標石(マーカー・ストーン)は、大戦中の英軍が設置したもののようです。
獅子山の北側から回り込んでいくかたちで頂上へ。ここはライオンの尻尾あたりでしょうか。
隣の背のこぶになる尾根のぼりが最後の悪路でした。
今回の眺望は、香港島の霞みがまだ薄いほうだと思いますが初めて来たときの見事な晴れ具合と比較すると、もうちょっとかなぁというのが正直なところです。
帰りは、いつもどおりに獅子山公園まで一気に。

2010_10160341

2010_10160343

2010_10160362

2010_10160363

2010_10160367

2010_10160372

2010_10160379

2010_10160391

2010_10160396

2010_10160401

DSC00381

RIMG5059

2010_10160405

2010_10160409

2010_10160413

2010_10160416

RIMG5054

RIMG5053

RIMG5068

2010_10160423

2010_10160431

2010_10160435

2010_10160463

2010_10160462










沙田坳から獅子山へ。

10月の中旬といえば、香港もそろそろ気温が下がってきて25℃から27℃になるころ・・・・そう思って出かけたところ、運悪くというのか滞在した日が今年最後の30℃超えの3日間になってしまいました。
今回は久し振りに獅子山に登ろうと、それもいつもの獅子山公園からのルートではなしに沙田坳から雞胸山伝いに獅子山へという歩きです。
黄大仙の駅前から沙田坳道をどんどん登って法蔵寺まで来て、ようやくここからが実質的なスタートに。
それにしても炎天下のコンクリート舗装路の、それも登りはくたびれます。前から何人も下ってくる元気な中高年とすれ違いますが、後ろから我々のようにここを登ってくる人の姿はありません。
30分ちょっとで観音廟が見えてきて、その少し上に案内板とゲートが(ここからはマクレホース・トレイル5段になっています)。

2010_10160255

2010_10160262

2010_10160267

2010_10160270

2010_10160272

2010_10160274

2010_10160277

2010_10160282

2010_10160286

2010_10160292

2010_10160307

2010_10160309

2010_10160313

2010_10160317

DSC00376

2010_10160320

2010_10160328

2010_10160333

2010_10160335



大澳。

慌ててバスに乗ったのも大澳で食事をしたかったためで・・・・・というわけで久し振りの福満林です。
ウィークデイの6時過ぎとあって観光客はほとんど姿を消し、お店に入ってくるのは地元(というより町内の)住民がいつもの夕飯にやって来たという風景です。
隣テーブルの夫婦はステンレス製ジャーに入れたスープ持参という気楽さ。いつまでも長居したくなるような雰囲気を味わってきました。

2010_10160692



taio

2010_10160688

2010_10160694


再び、羗山へ。

昨年11月に歩いて、その眺望の見事さに魅了された羗山を先月再び歩いてきました。
今回は、ランタオ・トレイル5段から6段を経て大澳までという予定で。
前回歩いた時はかなり大変だった記憶があったのですが、観音山のすそまであっけなく着いてしまいました。
観音山に登ってみようと思ったのですがよくよく見ると急勾配で、しかも腰までの雑草がぼうぼう生えていて足元が全然見えません。
やはり危ないと言う事で断念して先へ進みます。
羗山頂上に近づくにつれ黒い物体が見えてきました。
野良牛のファミリーがのんびり草をついばんでいて、頂上の印である三角点の前で写真を撮りたいのに母子牛が頑として動きません。
そしていつの間にか雄牛がじーーっとこちらを見ているので早々にその場を離れます。
前回大浪灣へ降りていった道と大澳方面へ行く道の分岐点にやっと到着してそのまま直進します。
こちらの道も豪雨の土砂崩れの跡が所々にあり、流出した石がゴロゴロして足場が悪く歩きづらいのなんの。
しばらくするとうっそうとした森の中へ下って行きます(ここからはコンクリート舗装ですがだいぶ傷んでいて、うっかりすると穴に足を取られそうに)。
寂しげな道を進んでいくと突然広い蓮池が現れました。
龍仔悟園です。
紡績で財を成した資産家が44年前に造ったというプライベート・庭園ですが、どうやら現在は持ち主が海外に移ってほとんど放置状態の様子です。
休日には開放されて中へ入れるらしいのですが、今回は残念ながら外側から拝見。蓮の開花時期はさぞや見事な風景だろうと想像されます。
よくまぁ、こんな山の中にこれだけのものを作ったものだと驚くばかりです。
のんびりしすぎて夕刻が迫ってきたので、大澳までの歩きをあきらめ引水道へ出て坑背からバスで向かうことに。

2010_10160536

2010_10160538

2010_10160542

2010_10160548

DSC00404


2010_10160554

2010_10160562

RIMG5073

2010_10160564

RIMG5077

2010_10160570

2010_10160568



2010_10160579

2010_10160588

2010_10160595

2010_10160598

2010_10160602

2010_10160611

2010_10160613

2010_10160618

2010_10160620

2010_10160624

2010_10160629

RIMG5080

2010_10160634

2010_10160635

2010_10160649

2010_10160653

『武侠』スチール。

撮影中の「武俠」ですが、初めて製作サイドからスチールがアップされたようです。
公開は2011年夏という報道ですので、6月の終わりあたりでしょうか。
これを見ると、スチール・フォトグラファーは木星?

12756264_11n

12756264_21n

12756264_31n


「葉問2」UK盤ブルーレイ。

年内リリースを期待していた「葉問2」のイギリス盤ブルーレイですが、結局は来年の3月末となる事がわかりました。
amazon.UKでは3月28日発売で17.99ポンドというプレオーダー価格が出ています。
ちなみに配給元であるCINE ASIAサイトには既に「新少林寺」「李小龍」を2011年リリースのアナウンスが出ていました。

ip man 2

再び、彌勒山郊遊徑。

先月は、7月に歩いた彌勒山郊遊徑、周回コースで回りきれなかった部分に行ってきました。
ロープウェイに並ぶ観光客の多さに驚き、今回はバスで昴坪まで向かうことに。
途中下車する人もなくほぼノンストップで35分で到着です。
天気予報では雲が多いとのことだったのですが、予報に反し晴天になり日差しが強く暑くなって、そのうち湿度もどんどん上がってまるで真夏です。
7月の逆ルートを歩いていく形になり、こちらの方は鳳凰山・心經簡林・天壇大仏が一望できるビューポイントがあります。
しばらく行くと2年前の豪雨で崖崩れが起こった箇所があり、今でもその無残な姿をさらけ出しています。
ゆっくり歩いて1時間ほどで救援徑に合流し、昴坪方面へ戻ります。
途中三角点がある名無しの山を見つけ、登ってみることにしました。
頂上に登ってみれば360度の大パノラマです。
気持ち良い風を受けてしばしこの眺望を堪能しました。
そろそろ終点に着こうかという時に、後ろからPTUの若い警官たちが訓練なのか次々に現れて私たちを追い越していきました(初めて来たのか昴坪のロープウェイをバックに記念撮影をしてるという、実にアットホームなトレーニング風景でした・笑)


2010_10160075

2010_10160080

2010_10160082

2010_10160086

2010_10160088

2010_10160089

2010_10160096

2010_10160099

2010_10160101

2010_10160103

2010_10160105

2010_10160107

DSC00350

DSC00349

2010_10160110

2010_10160118

2010_10160123

2010_10160130

2010_10160132

2010_10160138

2010_10160143

2010_10160144

2010_10160148

2010_10160152

DSC00359

DSC00360

DSC00353

RIMG5021



RIMG5034
www.flickr.com
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
月別アーカイブ
*iphone アプリ 開発
*ラティース ラティッセ
  • ライブドアブログ