香港郊野遊行・續集

香港のハイキングコース、街歩きのメモです。

2013年04月

DELTAの。

お馴染みのDELTAですが、去年の秋からしばらく利用しないでいましたら、こんな新しいビデオになっていました。
デルタのリピーターとしては結構笑えるんですが、そうでない人にもウケてもらえるでしょうか?
タッセル・ローファーの房を通路から、というギャグのセンスが個人的には羨ましいなぁと。





22年前のビデオから。

1991年ですから22年前にオンエアされたものです。それもNHK! あのころはTV・雑誌ともに”映画王国・香港”といった扱い方をしていたんだと改めて思い出した次第です。
DVD-Rにダビングして以来なので18年振りくらいの再見でしたが、今となっては溜め息ばかり!?という映像なので放映時に当時見逃した方に是非というわけでアップしてみました。
九龍城近くで撮影していたベティ・ウェイの出演作品は「越青」です。
ミス香港の予選通過者として紹介されていたエイダ・チョイ、とても17歳の高校生には・・・・。
それにしてもNHKであのスタンリー・トンの「魔域飛龍」を紹介していたとは、すっかり忘れておりました。
「魔域飛龍」は91年の4月公開で、ビデオのなかでも映画館の看板に映し出されるので撮影取材は4月末から5月にかけてのようです。



bd664aa9a99bf28e61af9ceb311363d8_C425

老虎頭(愉景灣)へ。

3月初旬に出かけたディスカバリー・ベイの裏山を歩いてきた様子です。
気温24℃・湿度80%という歩くにはこの上ない陽気で、往きのフェリーでは心地良い海風を受けてDB埠頭までもっと乗っていたかったのにというほど。
フェリーピアからも見える高層住宅群の裏山ルートから登るんですが、これがクセモノでありましてマンション裏からの何本ものルートは正規のハイキングルートではなく、ハイカー達によって踏み固められたものでした。
梅窩から白芒を繋ぐ奥運徑から分岐して老虎頭の山頂までが老虎頭郊遊徑として整備されており、このDBからの登りは全くの未整備、なのでご覧の通りの酷い悪路での登りです。
登りきった峠が二白坳、視界も開けて海から風で疲労感も吹き飛びます。
ここから老虎頭までは左にDB、右に空港に降りてくる飛行機を楽しめる抜群の眺望を楽しみながらという大嶼山ならではの登りです。
老虎頭は大嶼山北部の両サイドを一望できるという実に見事なポイントでした。霞みがない夏にも来てみたいものですが、陽射しを避けるものが皆無なのでウーンと悩むところです。
奥運徑までは奇岩・巨石が眼を楽しませてくれ、つい見惚れてしまいどんどん予定の歩行時間が延びていきます。

DSC00757
DSC00764
DSC00767
DSC00776
DSC00782
DSC00785
DSC00789
DSC00787
DSC00802
DSC00805
DSC00806-1
DSC00807-1
DSC00812
DSC00829
DSC00831
DSC00836-1
DSC04569
DSC00851
DSC00861
DSC00871-1
R0010562
DSC00894
DSC00892-1
DSC00891
DSC00905
R0010568
DSC00908-1
R0010564
DSC00911-1
DSC00931
DSC00934
DSC00938
DSC00953
DSC00967
DSC00969
DSC00977
DSC00981
DSC00988
DSC00993

今朝の東京新聞から。

img767

『富貴列車』。

Yesasiaを覗いてみたら「富貴列車」のリリースがまもなくという情報が。
ここまでくるのに随分と時間がかかったものだと、溜め息が出ます(シネスコ収録だった「イースタン・コンドル」と違いこちらはビスタサイズらしいのが残念です)。
同時期には「一代宗師」(これはもう章子怡のためのプロモーションVIDEOといった仕上がりでしたからパスということで)も発売ですが、美亞には旧作リリースをこそ期待しているんですが・・・・どうにもヤル気がないらしく(やむを得ず「爆裂刑警」のイタリー盤に手を出す始末です)。

l_p0025052686

『Only God Forgives』

「盲探」「魔警」が楽しみな今年、洋画では「DRIVE」の二人が再び撮ったこの作品が待ちきれませんが、トレイラーがアップされました。

www.flickr.com
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
月別アーカイブ
*iphone アプリ 開発
*ラティース ラティッセ
  • ライブドアブログ