香港郊野遊行・續集

香港のハイキングコース、街歩きのメモです。

2013年12月

梅窩から貝澳へ。

遅まきながら11月の大嶼山歩きです。
廃校になった旧梅窩中学の脇を行ったところにあるランタオトレイル終点から始めて、途中から海沿いのルートをのんびり貝澳までという実にお手軽な歩きです。
これ以上ないというくらいの絶好のハイキング日和で、改めて11月こそが香港のベストシーズンと実感しました。

DSC02564
DSC02572
DSC02575
DSC02579
DSC02583
DSC02584
DSC02587
DSC02589
DSC02591
DSC02598
DSC02603
DSC02605
DSC02612
DSC02615
DSC02620
DSC02621
DSC02626
DSC02630
DSC02636
DSC02639
DSC02642
DSC02650
DSC02658
DSC02662
DSC02668
DSC02673
DSC02676
DSC02677
DSC02700
DSC02703
R0010992
DSC02690

北角で三級火災。

29日の朝七時半ころに発生した北角の火災を伝えるTVBのニュース。
英皇道から脇に入った長康街に面した五洲大廈がその現場、外壁改修工事の資材置き場付近から出火してビルの上層階へ煙が伝わり三階のゲストハウスに宿泊していた外国人客7名が重態とのこと。
こちら東京も寒さが厳しいのですが、気温10度を切る現地で焼け出されるというのも・・・・。
驚くことに10階にある別のゲストハウスに泊まっていた日本人観光客(女性)がいて、避難する際にガラス戸で負傷したという血まみれの様子が大きく記事にされていました。
ウーン、やっぱりゲストハウスに泊まるというのは現実にこんな事態に遭遇しかねないリスクがあるんだということを実感させられます。



dcmn1229024_1_20131230_L


今朝の東京新聞から。

img890

今朝の東京新聞から。

img884
img886

「おっさん政治」とは実に言い得て妙です。

「大追捕」仏盤。

10月23日にリリースされていた仏盤「大追捕」Blu-ray。
お値段は、16ユーロでした。
81ENcGsnDEL__SL1500_

『WestJet Christmas Miracle』

アップルの記事で知りましたが、粋なことをするエアーじゃありませんか。
再生回数が6日で2500万! これで世界中にこのカナダのLCCが認知されたのは間違いない・・・かな。



Agoda、2013年ゴールドサークルアワード

いつも利用しているAgoda.comが、2013年のAgodaゴールドサークルアワード受賞ホテルを発表しました。
トラベルサイト”Traicy"の記事によれば

毎年恒例で、今年5年目を迎える同賞は、ユーザー評価を含むAgoda独自の基準に基づき、業界をリードし、トップクラスのサービスを提供しているホテルに贈られる賞です。
ゴールドサークルアワードの受賞ホテルは、ユーザー評価の総計スコアが7.5であること、Agoda.comが提供する収益管理システム(YCS)の活用度、競争力のある一貫した価格設定を行っていること、オンラインホテル業界のカギとなる複雑なビジネスの動向に理解を示していることが評価基準となっています。
 2013年度は、日本国内のホテル20軒を含む全661軒のホテルに受賞が決定しました。

ということで、気になるのが香港の選出ホテルですが、
Royal Plaza Hotel
L'Hotel Nina et Convention Centre
B P International Hotel
Regal Kowloon Hotel
Regal Airport Hotel
Marco Polo HongKong Hotel
Park Hotel Hong Kong
Eaton, Hong Kong
The Luxe Manor
Rosedale Hotel Kowloon
Butterfly on Victoria Boutique Hotel
The Kowloon Hotel
以上の12軒。確かに値段と実際のバランスが取れた名前が並んでいるという印象。
この前から気になっていた帝京酒店の名が・・・。
日本で選ばれた中に「ホテル龍名館東京(東京駅八重洲口)」というビジネスホテルが。世間的には認知されているんでしょうがワタクシ全く初耳のホテル・・・調べてみると、なるほどこれなら海外旅行者の評判が良いわけというホテル。こんなのが香港にもあればなぁと無い物ねだりですが。

d40d7681

今朝の東京新聞から。

img883

キョンシー映画復活。

「疆屍」の大ヒット(1700萬HK)をうけて、柳の下のドジョウをつかむべく再びキョンシー映画の濫作模様になりそうです。さすがは香港! あっというまにこの企画を食い尽くしてしまうんでしょうか。
まさか林家棟のプロデュース2作目までキョンシーモノとは・・・・。


c0201a

『飛虎雄心』

旺角の中古盤shopで7000円という法外な値段が付けられていて呆れた「飛虎雄心」の仏盤DVD。
久し振りにチェックしたAmazon.flでは、なんと新品が2ユーロ(280円)で出品! 確か以前は15ユーロ位だったはずですから慌ててオーダー。
10日以上は待つのを覚悟していたところ、6日で届きました。
リマスターされたものではありませんが、香港VCDや国内VHSに馴染んできた目には充分な画質です。
この作品、SDU映画の先駆というだけでなく個人的には香港のごく身近な自然というのを初めて意識した映画です。
それが劇中、飛虎隊志願者たちがタイムトライアルで登らされる場面。ここがえらく印象に残っていて、後年香港の野山を歩きはじめる遠いきっかけになっているんじゃないかと。
改めてこのシーンを観ると、遠くに石崗の滑走路を望む風景から推測して大帽山山頂の近くでしょうか?

R0011156
R0011138
R0011141
R0011144
www.flickr.com
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
月別アーカイブ
*iphone アプリ 開発
*ラティース ラティッセ
  • ライブドアブログ