香港郊野遊行・續集

香港のハイキングコース、街歩きのメモです。

2016年09月

まさかの企画!

フィルムセンターのホームページを覗いてビビックリ!
UCLAフィルム & TVアーカイブ・コレクションと題した企画上映が10月25日からスタートという寝耳に水の記載が。
なかでもポロンスキーの「悪の力(Force of Evil)」が上映ラインアップに入っているのにはもう腰が抜けるほど驚きました。
まさかこの映画を字幕付きで、しかもレストアされた極上の35mm.プリントで観られる機会がやってくるとは・・・・。
他にもM・オフュルス「魅せられて」、B・ハスキン「遅すぎた涙」、B・ベティカー「七人の無頼漢」、A・ペン「ミッキーワン」、J・セイルズ「メイトワン1920」、そしてサイ・エンドフィールド「群狼の街」!

abraham-polonsky-george-barnes-john-garfield-force-of-evil

Force of Evil
Try-and-Get-Me-The-Sound-of-Fury-poster-695x1024

青山禅院で。

屯門・青山禅院で「追龍」のプレス向け開鏡式が行われたという記事があちこちに。
どの記事も監督のジャクソン・クヮンの名が無視されるという可哀想な扱いです。撮影監督の演出第1作というにしてもあまりといえばあまりな香港メディア。
白人の姿があるのは植民地当時の腐敗した警察官僚役の俳優でしょうか?

bd5f0923dd54564ecc529bb6bbde9c82d1584f11
maxresdefault


今朝の東京新聞から。

img802

「Happy Valley」

  まるで予備知識なしで観たNetflix配信の「ハッピーバレー」。
期待を何倍にも上回る完成度の高さに舌を巻きました。とても途中で止められず、シーズン1の6話を最後まで連続視聴してグッタリです。
今のところ、シーズン2も続けて配信されるのか不明なのがどうにも残念。アメリカでも今年の春に配信されたばかりなので日本では来年にでも? それにしても登場人物の喋るヨークシャー訛りの英語セリフ、最初はロシア語かと思ったくらいの強烈な訛りです。ミステリ・チャンネルでオンエアしていた「刑事タガート」のスコットランド訛りにも驚きましたが、こちらもビックリです。
こうなると脚本のサリー・ウェンライトによる別の女性刑事ドラマ「Scott and Bailey」が無性に気になります(DVDユーザーに言わせると”マンチェスター版のキャグニー&レイシー”という懐かしい喩えが)。

5389529-high_res-happy-valley

 


「アスファルトジャングル」12月!

 ノワール・ファンには今年最高のディスク!? J・ヒューストンの「アスファルトジャングル」が12月13日にクライテリオンよりBlu-rayリリースとのこと。
できることならば、MGM作品の権利を持つワーナーから通常価格で出して欲しかったというのが本音ですが。



847_BD_box_348x490_original

「チャオ・パンタン」12月!

いつになればリリースされるのかと待ちわびたクロード・ベリの「チャオ・パンタン」Blu-ray、とうとう12月7日に発売という運びに。
仕様は以前に出た2枚組DVDと同じ模様(Amazon.frで19.99ユーロ)。

81Jvw-nQ2DL__SL1500_

今日の蘋果日報。

一昨日の日曜に行われた立法會選挙。
本土派の候補者中でもエディー・チュが地区選挙区でトップ当選というのには誰もが驚ろきの結果のようです。
特区政府側にはパフォーマンス倒れになりつつある長毛よりも環境問題・市民運動の場数を多く踏んできた彼の当選が実に目障りに映っているんではないかと?
香港01に”皇后碼頭保存運動から議会へ”というこの10年を振り返るフォト・ストーリーが。
http://www.hk01.com/photostory

1473097608_b6e9
s0102c
s0301b



img792

「暁の死線」

レンタル・ビデオテープ最盛期に水野晴男のIPから大量にリリースされたRKO作品群にひっそりと紛れていたW・アイリッシュ原作「タイムリミット25時」。
翻訳本と同タイトルの「暁の死線」としてブロードウェイからDVD発売されたというので北米盤との違いをチェックしてみました。
これがもう、お粗末な画質でスーザン・ヘイワードの美貌もだいなしです。せめて”正規権利元のマスターではないので画質に問題があることをご了承ください”くらいの表記しないと・・・・無理でしょうが。

P2010030
P2020001
P2020004
P2020002
P2020008
P2020003
P2020010
P2020012
P2020003-1


「センチュリアン」オンエア!

10月のムービープラス、放送予定作品に嬉しいタイトルを見つけました。
リチャード・フライシャーの「センチュリオン」! 長く北米盤DVDのみという状態でしたのでHD画質・字幕付きで観られるという朗報。
こうなると、「ラストラン」も気長に待てば・・・・。

www.flickr.com
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
月別アーカイブ
*iphone アプリ 開発
*ラティース ラティッセ
  • ライブドアブログ