慌ててバスに乗ったのも大澳で食事をしたかったためで・・・・・というわけで久し振りの福満林です。
ウィークデイの6時過ぎとあって観光客はほとんど姿を消し、お店に入ってくるのは地元(というより町内の)住民がいつもの夕飯にやって来たという風景です。
隣テーブルの夫婦はステンレス製ジャーに入れたスープ持参という気楽さ。いつまでも長居したくなるような雰囲気を味わってきました。

2010_10160692



taio

2010_10160688

2010_10160694