発売されたばかりの「回魂夜」、天映から出るショウブラ作品は簡単にプライスダウンしないのが明らかなので買ってきてしまいました。
実は、この映画がお目当てではなく95年前後のショウブラ関連作品(「十萬火急」「無味神探」)の画質を推測する材料としてではありますが。
画面サイズが1:1.85のビスタサイズなのは残念ですが、予想以上の画質ではありますがダーク・ホラーにしてはハイ・キーに色調整されており、もっとフィルムの質感を残して欲しかったくらいです。
それにしてもラストのカレン・モクの坊主頭しか見どころのないというお粗末な出来。
銀河映像組の夏澤信が精神病院職員、林雪が大牌檔の店員というハマり過ぎの内トラ出演していました。

R0012436
R0012434
DSC08738
DSC08732
DSC08734
DSC08729