今回の西高山行きは頂上先からの急峻な藪道を下るのが目的です。
8年前は頂上・三角点から先に延びる小道に掲げられた”通行不能”の表示に恐れをなして引き返したんですが(こちらもずうずしくなって警告を無視して歩いても何とかなる(?)という場合が多かったので)。
下り始めは岩が露出した部分が石段代わりにいけたんですが、そのうちに踏み固められた土の部分が前日の雨のせいでツルツル状態。
左右の藪に生えている灌木の枝を掴みながら滑らないよう足元に神経を集中しての下山、藪中で風も通らないこともあり大汗をかきました。

DSC02163
DSC02166
DSC02170
DSC02177
P7070023
DSC02182
DSC02188
DSC02194
DSC02195
DSC02197
DSC02200
DSC02205
DSC02206
DSC02208
DSC02216
DSC02218
DSC02209
DSC02227
DSC02240