長く咲き続けてくれた大頭茶の花もとうとうこの一輪を残すのみとなりました。
地植えしたものは既に3月の終わりくらいに花が終ったのですが、鉢植えにしたものがここまで持ってくれました。
今シーズンは狭小庭に収まりきれない大鉢を歩道に出したため、道行く人から「これは何の花?」と尋ねられること十数回、そのたびに”大頭茶”という耳慣れぬ樹の説明をさせていただきました(でも皆さん、すぐに忘れてしまうんだろうなぁと)。

DSCF0187