快晴のなか西貢へ、シャープピークを遠くに見る鹿湖郊遊徑を歩いてきました。
九龍灣・徳福廣場のMCL、チケット売り場のスペースには来週から公開される「翠絲」が前面に。
一般受けするような内容とも思えませんが、天下一電影のこの力の入れよう、ひょっとして「逆流大叔」に続く意外な結果になったりして?
クレジットを見るとプロデュースにはカミングアウトしているシュウ・ケイの名前が、なるほどと納得です。
011
002
001-1
001-4
001-5
001-2
001-3