香港郊野遊行・續集

香港のハイキングコース、街歩きのメモです。

香港ハイキング

ランタオピーク(鳳凰山)へ。

 いつでも行けるから・・・と思っているうちに7年も経ってしまった鳳凰山。11月26日、曇り空でしたが絶好のハイキング陽気。
時間短縮のために昴坪360を使うつもりが・・・・・目を疑うほどの長蛇の列で、チケットを買うのにも1時間待ちという掲示! 仕方なくバス・ターミナルへ向かうとこちらも大変な行列です。平日なので増発もなしということで一本見送ってようやく乗れる始末。
スタート時、頂上付近は雲に覆われていないのを確認したんですが・・・・。
一段一段が同じ形ではないのが登っていて楽しい天然石で組まれた石段、登りきった斬柴坳までは無風状態でTシャツ一枚だったのがここからは海からの強風にさらされて急いでジャケットに。
運悪くこのころから雲が激しく流れてくるといつもの鳳凰山になってきて・・・・山頂に辿り着いた時は前回と同じ真っ白状態(泣)。
おまけに風の勢いが強くて昼食をとるために入った避難小屋(石積み)も揺れるほど。
伯公坳まで下って行くつもりでしたが、強風とガスがひどくて見通しがまるできかなくて危ないということで再び昂坪へ戻るということに。
こうなると来年こそ三度目の正直で晴れた山頂を経験せねばと。



DSC03595
DSC03597
DSC03599
DSC03600
DSC03606
DSC03607
DSC03619
DSC03622
DSC03625
DSC03644
DSC03641
DSC03646
DSC03648
DSC03649
DSC03651
DSC03653
PB250230
PB250245
DSC03659
DSC03658
DSC03664
DSC03666
DSC03668
DSC03674
DSC03676
DSC03680
DSC03686
DSC03694
DSC03696
DSC03700
PB250284
PB250290

大頭茶は龍背で。

 先月の24日、晴れて11月らしい陽気に。
大頭茶の群生地といえば、龍背か紫羅蘭山・・・・・というわけで何年振りかのドラゴンズ・バックへ。
筲箕灣からのバスは欧米人ツーリストが大半! 石澳までかと思いきや半分は同じ土地灣で下車してハイキングコースをドンドン登って行くではありませんか、それもTシャツに短パンで水のペットボトルを手にしただけという軽装で。
ここはもう香港島の高尾山となってしまったかのような光景です。石澳を見下ろせるポイントまでは風の影響を受けないんですが稜線に出るともう海からの北風が強くて防寒ジャケットが必要に(薄着で登ってきた皆さん、さすがに震え上がっていました)。
動画のかなりの部分がひどいウィンドノイズが入っているのをご容赦ください。
もう何度目かになるこのコース、稜線からの眺望の見事さよりも下って合流した平坦なルートから始まる大頭茶の巨樹が連なる小道が嬉しいというのはあまりにマイナー派かも。



DSC03357
DSC03359
DSC03372
DSC03376
DSC03379
DSC03384
PB240176
DSC03386
DSC03393
DSC03403
DSC03418
DSC03431
DSC03434
DSC03441
DSC03450
DSC03459
DSC03460
PB240178
DSC03471
DSC03477
DSC03479
DSC03482
DSC03483
DSC03496
DSC03497
DSC03506

西高山へ。

今回の西高山行きは頂上先からの急峻な藪道を下るのが目的です。
8年前は頂上・三角点から先に延びる小道に掲げられた”通行不能”の表示に恐れをなして引き返したんですが(こちらもずうずしくなって警告を無視して歩いても何とかなる(?)という場合が多かったので)。
下り始めは岩が露出した部分が石段代わりにいけたんですが、そのうちに踏み固められた土の部分が前日の雨のせいでツルツル状態。
左右の藪に生えている灌木の枝を掴みながら滑らないよう足元に神経を集中しての下山、藪中で風も通らないこともあり大汗をかきました。

DSC02163
DSC02166
DSC02170
DSC02177
P7070023
DSC02182
DSC02188
DSC02194
DSC02195
DSC02197
DSC02200
DSC02205
DSC02206
DSC02208
DSC02216
DSC02218
DSC02209
DSC02227
DSC02240

松仔園、藍ルート。

ちょうど一週間前の火曜日に歩いてきた大埔・松仔園。
今回は前回よりも少し距離のある藍ルートをのんびりとウォーキングです。

P3080184
DSC01125
DSC01126
DSC01135
DSC01145
DSC01150
DSC01152
DSC01163
DSC01165
DSC01179
DSC01191
DSC01211
P3080218


大帽山、山頂へ。

香港最高峰の大帽山頂上へようやく行って来ました。
最高峰とはいえ、舗装路を歩いた末の頂上も立ち入り禁止区域にあるというので後廻しにしてきたんですが。
実際に登ってみると、その眺望の見事さに圧倒されました。なるほどこれなのか! という驚きです。
なにしろ大袈裟にいえば香港中が見渡せるということで、今や高層ビルが林立する深圳がこんなに近いことを実感。
この日も平日に関らずカメラを携えた地元の撮影マニアたちが登ってきましたが、たしかにここなら撮影意欲を掻き立てる表情を見せてくれる場所だと納得です。
コンクリートの道を避けて、バス停そばからマクレホース・トレイル八段を逆走していくことに。
なるほど最後は進入禁止のゲートに阻まれて三角柱には辿り着けずでした(香港市民の電話を盗聴監視しているという噂の人民解放軍のレーダーサイトですが)。
とにかく頭上を流れる雲がすぐ近くに感じられて実際に登ってきた距離以上に高度感が味わえました。

PB230022
DSC00709
DSC00713
DSC00715
DSC00718
DSC00719
DSC00725
DSC00729
DSC00735
DSC00736
DSC00739
DSC00741
DSC00753
PB270264
PB270271
PB270281
PB270286
PB270264
PB270306
PB270312
PB270271
DSC00761
PB270345
PB270334
DSC00787
DSC00796
PB270399
DSC00790
PB270419
DSC00793
DSC00794
PB270421
PB270444
PB270454

南大嶼郊遊徑、再び。

滞在3日目は、数あるハイキングコースの中で個人的には三本の指に入ると考えるこのコース、というわけで5年ぶりに出かけてきました。
右手に長沙ビーチから貝澳灣を見て、左手の山側は大東山を見上げながら歩くという山と海を同時に満喫できる最高の道です(平坦なルートが殆んどというのも結構で)。
残念なことに海が霞みに包まれており水平線が確認できないという状況でしたが、山側は雲が出ておらず枯れ草の茶色がアクセントになった斜面が目を楽しませてくれます。
東涌からバスに乗るつもりでいつものように昂坪360の脇から・・・・なんと大嶼山バスのターミナルは大規模工事中! 道を隔てた場所に移動しておりました。これも深圳からの高速道路と連結した大嶼山再開発計画のひとつでしょうか? 

DSC00509
DSC00513
DSC00520
DSC00526
DSC00533
DSC00535
PB250128
PB250131
PB250133
PB250139
PB250146
PB250149
PB250150
PB250161
PB250166
PB250171
PB250172
PB250182
PB250188
PB250189
DSC00562
DSC00564
DSC00566
DSC00568

花瓶頂から花瓶石へ。

2日目の香港、4年振りに大嶼山の花瓶頂へ出かけることに。
前から気になっていたのが、空港へ向かうバスが青馬大橋にさしかかると左手に見えてくる涼亭、いつかあそこまで歩いてみたいものと思っていました。
今回は、その先に花瓶石という奇岩があるというので花瓶頂から下って見物し、涼亭から橋を真近かから眺めて起点のバス停へ戻るという歩きです(7キロほどの距離)。
200mもない低い山ですが、そのおかげで鳳凰山や大東山のように始終雲に包まれるという心配がほとんどないということで眺望はごらんの通り見事なものです。
しかしながら空港からの離陸した旅客機が真上を通るために轟音が続くのには困ったものですが(離陸間隔ギリギリの2分くらいで頭上をかすめるので、ほとんど爆音が連続して感覚です)。
花瓶石ですが、見る方向によっては獅子鼻を持つ横顔のようでもあり”花瓶頂のそばにあるから花瓶石”というのも実にイージーな命名ではあります。
残念なの他所の巨石と同じように落書きされていることで、どうも香港人はこういった自然の造形物に畏敬の念を持つということがないようです(望夫石やラヴァーズ・ロックの無残な有り様を思い出していただければ)。
そして最後に、青馬大橋を橋脚下から見上げるというスケール感をたっぷりと味わって無事に終点。

DSC00237
DSC00242
DSC00250
DSC00258
PB240054
DSC00253
DSC00254
DSC00261
PB240055
DSC00270
DSC00275
DSC00282
DSC00302
PB240095
DSC00304
DSC00311
DSC00313
DSC00321
PB240102
DSC00331
DSC00336
DSC00344
DSC00348
DSC00351
DSC00356
DSC00358
DSC00362
DSC00365
DSC00371
DSC00376
DSC00381
PB240113
DSC00385
DSC00388
PB240116
DSC00394

農暦新年・初一、元荃古道へ。

ちょうど一ヶ月経ってしまいましたが、2月19日(農暦新年・初一)に元荃古道を歩いてきた様子です。
昔、元朗十八郷の農民が農産物を荃灣まで運ぶ道だったというこの元荃古道、正式には柴灣角から田夫仔を経て大棠までの12.5kmというコース。
今回は青馬大橋の眺望が目的なので、田夫仔の手前で外れ深井村へ下りていく8kmほどの歩きです。
旺角からバスで港安醫院で下車、バス停のすぐ近くからスタート。初一の休日にハイキングなんて物好きは・・・・なんて想像していたら次々に家族連れや夫婦のハイカーが前から後ろから。考えてみれば日本の寒い正月とは違って20℃近くの温度で薄曇りという山歩きには最適の祝日と思えば当然でした。
すれ違う地元民の足元が軽装なのも理解できました、なにしろ充分すぎるくらいに整備された舗装路が続くコースでしたから(土の部分がほとんどないという)。
最も眺望が望めるはずの石龍拱でしたが冬の香港らしく霞みがかかっており残念な見通しでした。本来ならば香港島やランタオまで一望できるんでしょうが(しかし眺望のいい夏に陽射しを遮るものがないここまで歩くことを想像すると・・・・)、強風に煽られて東屋で休む余裕もなく早々に。

DSC08038
DSC08043
DSC08049
DSC08051
DSC08056
DSC08058
DSC08059
DSC08061
DSC08068
DSC08069
DSC08071
DSC08072
DSC08079
DSC08082
DSC08084
DSC08091
DSC08092
DSC08095
DSC08102
R0012381
DSC08104
DSC08108
DSC08111
DSC08122
DSC08131
DSC08139
DSC08143
DSC08145
DSC08148
DSC08157
DSC08161
DSC08164
DSC08175
DSC08169
DSC08172
DSC08181
DSC08184
DSC08189
R0012390
DSC08191
DSC08214
DSC08221
DSC08236
DSC08246
DSC08249

松仔園、大埔滘自然教育徑。

冬の曇り空では山からの眺望を期待できないだろうと考えて、林の中を歩けるようなコース。
というわけで10年振りに松仔園の大埔滘自然教育徑を歩いてきました。
4つあるコースの内、短い紅コースをスイスイと散歩です。地面に落ちている常緑樹の落葉が濡れているところから新界のこのあたりでは早朝に小雨が降ったんでしょうか。しっとりと濡れた落葉を踏みしめて歩くのもいいものです。
へーっ、蛍をファイアーフライというんですか。覚えときます。

DSC07753
DSC07755
DSC07759
DSC07761
DSC07766
DSC07767
DSC07768
DSC07775
DSC07782
DSC07791
DSC07799
DSC07801
DSC07804
DSC07813
DSC07827
DSC07832
DSC07835
DSC07845
DSC07846

忘れ物。

今頃になってアレですが、9月にウィルソン・トレイルを歩いた様子です。
ウィルソン・トレイル第三段の内、馬游塘から油塘までという9kmほどのコースを(以前に油塘から舗装路を炎天下に登ってきて熱中症になりかけたのに懲りて逆コースを)。
旺角東から寶林行きという便利なバスで馬游塘で降り、東屋の脇から集落を通っていくと衞奕信徑の標識が。
前日に香港をかすめた台風のために倒れた樹木があちこちでコースを塞いでいる状態です。五桂山までの登りでは将軍澳サイドと飛鵝山サイドを見渡せるようになり香港ハイキングならではのご馳走です。
藍田の高層住宅群を右に見下ろしながら下ると澳景路に出るので100mほど右方向へ。するとトレイルの標識が立っています(ここは初めての人間には戸惑うところですから、標識を改善してほしいもの)。階段を登ると魔鬼山までゆるい平坦なコースとなり、将軍澳からの海風も気持ち好く吹いてくれます。
墳墓へ向かう舗装路(道路名は無い?)に出て200m位で右手に鯉魚門へ下りる標識が。無駄に立派な造りの道を行くと、媽山村に出て目の前にクルーズ船がドーンという光景。

DSC06472
DSC06475
DSC06478
DSC06480
DSC06485
DSC06486
DSC06489
DSC06491
DSC06492
DSC06496
DSC06500
DSC06503
DSC06504
DSC06510
DSC06513
DSC06514
DSC06515
DSC06522
DSC06525
DSC06534
DSC06538
DSC06545
DSC06552
DSC06556
DSC06559
DSC06563
DSC06565
DSC06567
DSC06571
DSC06573
DSC06574
DSC06586
R0011945
DSC06588
DSC06602
DSC06609
DSC06610
DSC06612
DSC06613
DSC06615
DSC06620
DSC06622
DSC06628
DSC06633
DSC06637
DSC06640
DSC06641
DSC06644
DSC06648
DSC06649
DSC06650
DSC06653
DSC06656
DSC06662
DSC06666
DSC06670
DSC06673
DSC06675
DSC06680
R0011955
DSC06686
DSC06687
www.flickr.com
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
月別アーカイブ
*iphone アプリ 開発
*ラティース ラティッセ
  • ライブドアブログ