香港郊野遊行・續集

香港のハイキングコース、街歩きのメモです。

香港ハイキング

忘れ物。

今頃になってアレですが、9月にウィルソン・トレイルを歩いた様子です。
ウィルソン・トレイル第三段の内、馬游塘から油塘までという9kmほどのコースを(以前に油塘から舗装路を炎天下に登ってきて熱中症になりかけたのに懲りて逆コースを)。
旺角東から寶林行きという便利なバスで馬游塘で降り、東屋の脇から集落を通っていくと衞奕信徑の標識が。
前日に香港をかすめた台風のために倒れた樹木があちこちでコースを塞いでいる状態です。五桂山までの登りでは将軍澳サイドと飛鵝山サイドを見渡せるようになり香港ハイキングならではのご馳走です。
藍田の高層住宅群を右に見下ろしながら下ると澳景路に出るので100mほど右方向へ。するとトレイルの標識が立っています(ここは初めての人間には戸惑うところですから、標識を改善してほしいもの)。階段を登ると魔鬼山までゆるい平坦なコースとなり、将軍澳からの海風も気持ち好く吹いてくれます。
墳墓へ向かう舗装路(道路名は無い?)に出て200m位で右手に鯉魚門へ下りる標識が。無駄に立派な造りの道を行くと、媽山村に出て目の前にクルーズ船がドーンという光景。

DSC06472
DSC06475
DSC06478
DSC06480
DSC06485
DSC06486
DSC06489
DSC06491
DSC06492
DSC06496
DSC06500
DSC06503
DSC06504
DSC06510
DSC06513
DSC06514
DSC06515
DSC06522
DSC06525
DSC06534
DSC06538
DSC06545
DSC06552
DSC06556
DSC06559
DSC06563
DSC06565
DSC06567
DSC06571
DSC06573
DSC06574
DSC06586
R0011945
DSC06588
DSC06602
DSC06609
DSC06610
DSC06612
DSC06613
DSC06615
DSC06620
DSC06622
DSC06628
DSC06633
DSC06637
DSC06640
DSC06641
DSC06644
DSC06648
DSC06649
DSC06650
DSC06653
DSC06656
DSC06662
DSC06666
DSC06670
DSC06673
DSC06675
DSC06680
R0011955
DSC06686
DSC06687

9月の香港 「石壁郊遊徑」。

11月の香港といえば1年で最も天候が穏やかな時期・・・・のつもりでしたが、来週は雨模様です(泣)。
そんなわけで台風一過の9月、ようやく晴れてくれた4日目に歩いたのが石壁郊遊徑です。
鳳凰山への登り口脇から下って、石壁水塘までという気楽なダラダラ・コース。
スタートの掲示板には約2時間の行程なんて書いてあるんですが、この2時間なんていうのはひたすら歩き続けるという想定に違いなく・・・・我々のように休みをとりつつ写真を撮りつつ、風景を愛でてなんていう歩きでは倍近い時間となりました。
真夏の時期を過ぎて海の色もはっきりしないどころか、ガスって水平線と空の区別がつかないという残念な眺望でしたが、海からの心地良い風を満喫できました(大東茶はこの時点では未だ蕾)。
雨上がりとあって満水状態の石壁水塘、いつもは通り過ぎるだけでしたがよ~く見るとフランス人が建設したというプレートが。

DSC06799
DSC06803
DSC06804
DSC06811
DSC06815
DSC06821
DSC06832
DSC06836
DSC06843
DSC06850
DSC06859
DSC06872
DSC06873
DSC06876
DSC06884
DSC06890
DSC06898
DSC06901
DSC06899
DSC06913
DSC06917
DSC06918
DSC06929
DSC06937
DSC06944
DSC06949
DSC06954
DSC06958
DSC06961
DSC06970

マクレホース・トレイル第三段、雞公山へ。

11月2週の香港、到着後3日目にようやく晴れてくれました。
麥理浩徑3段の西側にある雞公山までの軽い往復というハイキングのつもりでした。。
大頭茶が開花期を迎えたこの季節、目の保養になってくれるものと期待しての山行きです。
(旺角に泊まる理由の大きな部分が交通の便が良いこと、ホテル近くから西貢まで行くミニバスが頻繁に出ていますし、逆にホテルに戻るときもあちこちからの旺角行きが多いのでくたびれた体には実に助かります)。
ほとんど信号のないルートをビュンビュン飛ばして西貢碼頭へ。
ここからKMBの沙田行きで澳頭新村まで。
少し進んで3段と4段が道を挟んでいるBBQサイトへ、ここから第3段を逆走する形でスタート。
しばらく林の中を歩いて行き、M066あたりから地面に落下した大頭茶の花がルート上を埋めはじめ、上を見ると見事に咲きほこっています。ホント、これを見たかったんです!
林を抜け眺望が開けると南斜面には雪を散りばめたように大頭茶が満開でした(写真に撮っても白い花というのが認識しにくいのが残念)。
後ろを振り返ると、馬鞍山がその名の通りに”鞍”に見える眺望です。
雞公山の頂上までいともあっさり着いてしまったので今回は楽勝かなと思っていました・・・・。
しかしそのまま引き返すのも面白くないと進むことにしましたが下りの道の悪いこと悪いこと、悪路という言葉を絵に描いたようとはこのことではないかというくらい。
こんなルートをトレイルウォーカーでは走るような勢いで進むと思うと、ウーン・・・。
雷打石へ向かいさすがに終点の北譚凹までは無理なので、榕北走廊(北譚路)に合流した所で北潭の麥理浩夫人度暇村へ下りることに。
林を抜けて小道に沿っていくと、なにやら目つきの怪しい半裸の若者達が大勢いる合宿所のようなところへ。とても様子を窺うような雰囲気ではなく素知らぬ顔で通り過ぎることに(調べたら、キリスト教系団体が運営している若者専用のドラッグ・リハビリ施設でした)。
度暇村に入ると中高生達が泊りがけの課外授業(?)でたくさんいて、こういう使われ方をしているのかと。
驚いたのはイギリス軍の装甲車がドーンと置かれていること、返還時の置き土産でしょうか?
西貢碼頭行きのミニバス乗り場、表示が見当たらずウロウロし、そこの職員に聞いたりしてようやくミニバスに辿り着き西貢へ戻ることができました。

DSC02265
DSC02269
DSC02273
DSC02285
DSC02285
DSC02287
DSC02293
DSC02298
DSC02310
DSC02314
DSC02321
DSC02324
DSC02325
DSC02331
DSC02336
R0010954
R0010957
DSC02345
DSC02348
DSC02354
DSC02358
DSC02380
DSC02382
DSC02393
DSC02405
DSC02413
DSC02421
DSC02429
DSC02431
DSC02433
DSC02437
DSC02442

青山へ。

いつも帰国するときに搭乗ゲートから遠くそびえるのを眼にするばかりだった青山へ登ってきました。
この時期の香港といえば、まず第一は茘枝、そして自生する野牡丹と百合の花を味わってきました。
屯門站から青山禅院まで的士でスーッと一気に(30元ちょっとでした)。
今までは炎天下に登山口までのコンクリート舗装路を上る段階で体力を消耗してしまい、熱中症寸前ということを繰り返していたんで、もうこれからは恥も外聞もなくラクをしようということで。。
禅院では巨大渦巻き線香を拝見。200元と100元の二つから選べ、大きい方は1ヶ月も燃えているとのこと。
地元のひとがやっているのを見て初めて知りました。ライターくらいでは線香が燃えてくれないので、バーナーで着火するというのを!
気温31度の曇り空でのスタートでしたが、樹木に覆われた階段を抜けた送電線鉄塔あたりから遠く雷鳴が聞こえてくるという不安の中での登りになりました。
屯門の街と海を一望できるあたりでポツリポツリと、本降りになるのか判断をつきかねましたが幸い直ぐに止んでくれたのでそのまま続行。それでも元朗方面にかかっている灰色雲からの落雷を何本も見るというヒヤヒヤものの登りです(誰かが捨てていった傘をストック代わりに拝借)。
こんな怪しい天気でも次々と山頂から下りて来るオジサンたちとすれ違います。
山頂の東屋に着いてもまだ雷鳴が聞こえてくるので、本当の山頂であるTV電波塔まではあきらめ早々に下山。
(野牡丹とムクゲ野牡丹が見分けにくいんですが、このあたりのはムクゲ野牡丹のようでした)

DSC01709
DSC01723
DSC01728
DSC01730
DSC01734
DSC01737
DSC01742
DSC01747
DSC01750
DSC01754
DSC01756
DSC01761
DSC01765
DSC01767
DSC01770
DSC01772
DSC01774
DSC01776
DSC01777
DSC01779
DSC01782
DSC01784
DSC01788
DSC01792
DSC01795
DSC01798
DSC01807
DSC01808
DSC01811
DSC01809
DSC01818
DSC01823
DSC01822
DSC01824
DSC01825
DSC01827
DSC04810
DSC04812
DSC04839

老虎頭(愉景灣)へ。

3月初旬に出かけたディスカバリー・ベイの裏山を歩いてきた様子です。
気温24℃・湿度80%という歩くにはこの上ない陽気で、往きのフェリーでは心地良い海風を受けてDB埠頭までもっと乗っていたかったのにというほど。
フェリーピアからも見える高層住宅群の裏山ルートから登るんですが、これがクセモノでありましてマンション裏からの何本ものルートは正規のハイキングルートではなく、ハイカー達によって踏み固められたものでした。
梅窩から白芒を繋ぐ奥運徑から分岐して老虎頭の山頂までが老虎頭郊遊徑として整備されており、このDBからの登りは全くの未整備、なのでご覧の通りの酷い悪路での登りです。
登りきった峠が二白坳、視界も開けて海から風で疲労感も吹き飛びます。
ここから老虎頭までは左にDB、右に空港に降りてくる飛行機を楽しめる抜群の眺望を楽しみながらという大嶼山ならではの登りです。
老虎頭は大嶼山北部の両サイドを一望できるという実に見事なポイントでした。霞みがない夏にも来てみたいものですが、陽射しを避けるものが皆無なのでウーンと悩むところです。
奥運徑までは奇岩・巨石が眼を楽しませてくれ、つい見惚れてしまいどんどん予定の歩行時間が延びていきます。

DSC00757
DSC00764
DSC00767
DSC00776
DSC00782
DSC00785
DSC00789
DSC00787
DSC00802
DSC00805
DSC00806-1
DSC00807-1
DSC00812
DSC00829
DSC00831
DSC00836-1
DSC04569
DSC00851
DSC00861
DSC00871-1
R0010562
DSC00894
DSC00892-1
DSC00891
DSC00905
R0010568
DSC00908-1
R0010564
DSC00911-1
DSC00931
DSC00934
DSC00938
DSC00953
DSC00967
DSC00969
DSC00977
DSC00981
DSC00988
DSC00993

麥理浩徑第9段から河背水塘へ。

10月、重陽節の休日。甘く見て昼近くに出かけたところ、荃灣から錦田行きのバスは満員! バス停に止まってくれません。
仕方なくバスを諦めタクシーで大帽山郊野公園入口まで行ってもらいました。
その先にある管理事務所から麥理浩徑第9段の始まりです。ここから6年振りの河背水塘までの9キロ近くのゆるーい歩きです。
前回(2007年)来た時は誰も歩いていなくて静かだったのですが、休日となるとこんなに人が! と驚きました。
舗装道路が延々と続く歩き易い道だからでしょうか、中高年のグループあり子供連れのグループありで大変賑やかです。
そして重陽節と言えばお墓参りでの火の不始末、というわけでこんな山中ですが民安隊から注意喚起のチラシをもらいました。
いよいよ舗装道路も飽きたなと言う所でやっと河背水塘へ下る道の標識を見つけ、麥理浩徑とお別れです。


DSC04020
DSC04022
DSC04025
DSC04026
DSC04029
DSC04031
DSC04033
DSC04038
DSC04040
DSC04042
DSC04044
DSC04045
DSC04048
DSC04050
DSC04052
DSC04054
DSC04056
DSC04059
DSC04061
DSC04063
DSC04064
DSC04065
DSC04067
DSC04069
DSC04070
DSC04071
DSC04073
DSC04075
DSC04080
DSC04082
DSC04084
DSC04086
DSC04088
DSC04091
DSC04092
DSC04097
DSC04106
DSC04102
DSC04103
DSC04113
DSC04118
DSC04115
img761

麥理浩徑(マクレホース・トレイル)4段。

もう1年経ってしまいましたが2011年8月に歩いたのがマクレホース・トレイル第四段です。
西貢から99番のバスに乗り水浪窩で下車し、ちょっと戻って企嶺下焼烤場から歩き始めです。15分ほどで舗装路に。
気温34度湿度85%という炎天下の中、コンクリート道路を延々と1時間ほど歩きやっと馬鞍山への登山道分岐点に到着です。
林を抜けると馬鞍山(ウマの鞍というよりラクダのこぶ状?)が見えてくるのですが、アップダウンを繰り返してもなかなか近づけずひたすら階段を上っていくのみです。
休み休み歩いて分岐点から2時間近くもかかってやっと馬鞍山の迫力ある姿がドーンと目の前に現れ、海からの風も汗まみれの体に心地よく頑張った甲斐がありました。
(あの「Hiker's Guide to Hong Kong」表紙フォトはここでした。)
登り切ると、馬鞍山頂上への二又地点に到着です。騒音とは縁のない場所のはずですが・・・・旅客機の飛行コースらしく頭上を轟音を残して消えていきます。

DSCF6958
DSCF6968
DSCF6975
DSCF6982
DSCF6990
DSCF6996
DSCF7001
DSCF7009
DSCF7017
DSCF7030
DSCF7042
DSCF7050
DSCF7063
DSCF7065
DSCF7066
DSCF7070
DSCF7073
DSC03950
DSCF7077
DSCF7092
DSC01534
DSCF7093
DSCF7100
DSCF7105
DSCF7108
DSCF7110
DSCF7120
DSCF7116

大刀屻へ。その2。

北大刀屻の三角点からおよそ1時間半かかって大刀屻の頂上に着きました。
しかし表示板には"北"がついていて一瞬「?」
間違えたままになっているのでしょうが、初めて来た人間にとっては紛らわしいことです。
頂上に着いた時点でかなり体力を消耗してしまって、そこからからはもう休み休み休みながらでほとんど気力だけで歩いていたようなものでした。
日没と同時くらいにようやくカドーリ農場前に到着し、大和駅に戻り急いで買って飲んだポカリスウェットの味が水のように薄く感じられた始末です(新界のポカリは中身が違うのかなんて一瞬思いましたが)。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19



20
21
22
23
24
25
26
27
28

大刀屻へ。

林村郊野公園の大刀屻(Tai To Yan)へ行ってきました。
本来ならば粉嶺駅からスタートで嘉道理農場入り口前までの約10キロというコースなんですが、ちょっと距離的に厳しいということで林村(あの願望樹でご存知かと)から尾根へ登るという歩きです。
ところが、これが見事に裏目に。
林村からの登りが延々とコンクリート舗装路なのです。何か山に建造物があってそのメンテナンスに必要な道路というわけでもなさそうで実に腑に落ちないのですが。この舗装路の照り返しでどんどん疲労が・・・。
なんとか尾根に辿り着き北大刀屻手前の東屋にたどりつくころには、もうヘトヘトです。
気温30℃・湿度85%での歩きをいやというほど実感。
これなら粉嶺駅からのルートを取れば、と思ってもあとの祭りでした。逆コースを取り、この舗装路を下って戻るというならまだマシかもしれません。
桃金娘の花はすでに盛りを過ぎて、野ユリが目の保養です。



DSC03121
DSC03124
DSC03130
DSC03139
DSC03138
DSC03145
DSC03149
DSC03153
DSC03156
DSC03161
DSC03165
DSC03167
DSC03172
DSC03176
DSC03181
DSC03186
DSC03189
DSC03192
DSC03195
DSC03197
DSC03198
DSC03178
DSC03204
DSC03206
DSC03207
DSC03210
DSC03211
DSC03214
DSC03216
DSC03221
DSC03223

彌勒山へ。

ランタオ島の彌勒山へ出かけたのがちょうど2ヶ月前でした。
寶蓮寺の裏山というイメージが先行して甘くみていたところ・・・・。
前日に降った雨で、踏み固められただけのルートの滑ること! やはり雨上がりはどんなに注意してもしきれません。
スタート時点でパラパラと降っていた空模様もなんとか持ちこたえてくれ、鳳凰山から雪崩のように下ってくる雲を
背にしながらの登りとなりました。
山頂からの眺めは見事の一言! あいにくの天気ではありましたが、ダイナミックな雲の流れと緑の峰々は見飽きることがありません。
問題は下り始めたら霧が濃くなってきてしまい登ってきたルートを見失ったことでした。たいした距離でもないし、どの方向にでも下っていけば戻れるのは分かっているんですが・・・・。とにかく廻りの視界がきかなくなると不安になるということで(桃金娘はまだ蕾)。
何度もコケながら昂坪に戻ったころには6時半を過ぎており、観光客どころか人っ子ひとり見当たらない無人状態のゴンピン・ビレッジというなかなか経験できない光景が広がっていました。
人がいなくなったのを見計らったように野良牛たちが集まってきています(どうも餌をあげるお坊さんをまっているようです)。
当然、ケーブルカーも終了ということで最後のバスで東涌へ(またこのバスが暗闇の道を猛スピードで!)。
 
DSC02727
DSC02728
DSC02731
DSC02734
DSC02735
DSC02736
DSC02739
DSC02742
DSC02744



DSC02751
DSC02363
DSC02753
DSC02758
DSC02760
DSC02763
DSC02767
DSC02774
DSC02789
DSC02796
DSC02804
DSC02806
DSC02809
DSC02810
DSC02817
DSC02813
R1024638



DSC02837
DSC02838
DSC02854
DSC02859
DSC02863
DSC02866
DSC02873

www.flickr.com
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
月別アーカイブ
*iphone アプリ 開発
*ラティース ラティッセ
  • ライブドアブログ