香港郊野遊行・續集

香港のハイキングコース、街歩きのメモです。

番外編

最後の。

長く咲き続けてくれた大頭茶の花もとうとうこの一輪を残すのみとなりました。
地植えしたものは既に3月の終わりくらいに花が終ったのですが、鉢植えにしたものがここまで持ってくれました。
今シーズンは狭小庭に収まりきれない大鉢を歩道に出したため、道行く人から「これは何の花?」と尋ねられること十数回、そのたびに”大頭茶”という耳慣れぬ樹の説明をさせていただきました(でも皆さん、すぐに忘れてしまうんだろうなぁと)。

DSCF0187

フィルム・センターで必見の企画!

現在は休館中のフィルム・センターですが、サイトを覗いたところ驚きの情報が出ていました。
「生誕100年 ジャン=ピエール・メルヴィル、暗黒映画の美」と題したメルヴィル特集企画、もうこれは最初で最後の大規模回顧上映になるんではと思います。
9月26日から12月までの長丁場、「影の軍隊」も当然ながら観られるものと思いますが。

melville-jean-pierre-05-g

NetFlixに。

今朝、NetFlixにログインしてみるとビックリ! 
なんと「ハッピー・ヴァレー」の第二シーズンが出ているじゃありませんか。早くても今年後半か来年始めくらいにアップされると予想してUK版Blu-rayを買ったのに(泣)。
これ以上ないというくらいのシリアスでハードなこのドラマ、GWにまとめて観ることに。

P4010025
P4010027
P4010029

「Geostorm」に。

昨日アップされていた10月20日公開予定というWBの自然災害パニック映画「Geostorm」の予告編を眺めていると・・・・。
アラッ、見覚えのあるアジア系俳優の顔が。よーく見るとやっぱり吳彦祖でした。
想像するに世界各地で起きる天変地異のなかでの香港場面で登場する公的機関を代表するネイティブスピーカー(?)という役柄かも。
さすがハリウッド、香港の街中が炎上爆発するCGは見事です(「沖天火」とは悲しいほどの違い)。

a
bb
ccc




La La Land

帰ってきて、あのオープニング・シーン撮影風景を知りたくて捜してみると既にアップされていました。
これを見る限りでは、全編フィルム撮りというのは間違いないようです。
話題になっているこの場面、リハーサルを監督自身のiPhoneを使って撮影していたといいますが・・・別に普通のビデオカメラでもいいんじゃないの? とは思いますが。




「SS-GB」オンエア!

 日本では1980年に早川書房から出たレン・デイトンの「SS-GB」がBBCで製作され(5エピソード)、今月19日にオンエアとのこと。
第二次大戦で英国がドイツに占領されるという”もう少しで事実になったかもしれない世界”の映像化、いまやTVドラマのレベルを超えた作品を連発するUKドラマとあっては日本で観られる日が待ち遠しい限りです。

P2150003



香港電台 「香港故事 本土 plus+:撐花牌 喜迎春」

 香港電台より「花牌」を製作している元朗の李炎記花牌店を紹介する興味深い動画です。


参議院・本会議、山本太郎の代表質問。

Bird's Eye View of Women's Marches



バーニー・サンダースのツィッターには、
President Trump, you made a big mistake. By trying to divide us up by race, religion, gender and nationality you actually brought us closer.
(トランプ大統領よ、アンタはひどい間違いをやらかしたね。我々を、人種、宗教、ジェンダーと国籍で分断しようとしたけれど、現実には私たちを結束させてしまったのだからね。)
21日は地元バーモントの議会前での集会に登場。

Bernie-montpelier-march-times-argus-Jeb-wallace-brodeur-20170121

「波濤を越える渡り鳥」

今朝のチャンネルnecoでオンエアされていた「波濤を越える渡り鳥」(斎藤武市)。
小林旭作品にまるで興味を持てないので無関心でしたが1961年公開のこの日活映画、香港ロケがあるというのでチェックすると・・・・。
舞台はバンコクなので香港はほんの10分くらいですが、お約束の啟德空港(藍田方向の山々が見事にハゲ山)、ビクトリア・ハーバー、中環、レパルスベイ等々。意外なのは香港最後のカットが当然ながらピークからの百万ドルの夜景、ではなく石硤尾の団地群!
サングラスをかけた金子信雄の役者っぷりに比べ、小林旭がどうにも絵にならないのがつらくて、共演の宍戸錠に喰われているのにそれでも当時の観客はアキラを支持していたというのが不思議?
今となってはバンコクのキャバレーで”ブンガワン・ソロ”を歌うという場面は噴飯ものですが、インドネシアもタイも同じようなものという当時の映画屋の意識がありありです。
スカンジナビア航空の機体に”タイ”とペイントされていて、設立されたばかりのタイ国際航空がSASの機材で運航していたのが確認できる今では貴重な画像でしょうか。

P1170002
P1170003
P1170004
P1170006
P1170008
P1170009
P1170011
P1170013
P1170016
01
02
03
04
05
P1170024
P1170027
P1170028
06
07
P1170029
P1170031
08
P1170032
09


www.flickr.com
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
月別アーカイブ
*iphone アプリ 開発
*ラティース ラティッセ
  • ライブドアブログ