香港郊野遊行・續集

香港のハイキングコース、街歩きのメモです。

跟蹤

『跟蹤』オンエア。


劇場公開後3ヶ月くらいでディスク化、と思っていた「天使の眼、野獣の街」。
その後さっぱり音沙汰がなく、配給元に何かあったのかとイライラさせられていましたが、12月27日の日曜にWOWOWで放送されるとのことです。
それもハイビジョンでオンエア! そんなマスターがあるならブルーレイで出して欲しいところですが今の日本で香港映画がブルーレイとして出る可能性を考えるとなんとしても地元香港に期待するしかありません(リリース元のKAMは最近になって旧作のBlu-ray化を始めているので脈は有りかも?!)。


a81607ec.jpg

cfffcafa.jpg

『天使の眼、野獣の街』


「天使の眼、野獣の街」、こんなタイトルにするなら素直に「アイ・イン・ザ・スカイ」で通したほうがいいのに・・・と思いつつ先ほどシネマライズで観て来ました(ここは、あの「ブルー・ベルベット」以来ですから全くのご無沙汰です)。
DVDで繰り返し何度も視聴していますが、やはり最後まで引き込まれる作品で改めて傑作の名に相応しい映画と再確認させられました。
映画自体は、予備知識なしで誰が観ても楽しめる筈ですが香港の風俗や食習慣に馴染みのない観客に「BBQ」「電話機買い」「茶餐店の出前」「ハンバーガーに見えるが菠蘿飽」「コンビニでオクトパス」・・・・・これらがどんな風に映ったのか興味深いなぁと。
それにしても、300円で販売されていたプレスと称する二つ折りの解説書は貧弱な作りでガックリしました。
驚くほど多くの雑誌メディアに取り上げてもらった「放逐」に比べ、僅かにキネ旬の浦川さんの2ページ記事が目につくくらいなのが悲しい本作ですが、日本経済新聞での紹介記事のライターは宇田川幸洋さん! 最適任者ということで期待するも、たったの90字スペースでは「犯罪映画の傑作、トー組の俳優が勢揃い。」くらいとしか書けませんよね、そりゃ。いくら予算がないとはいえ、もうちょっと熱意と商売っ気を見せてくれないと困ります。
画像はフランス公開用ポスターです。
渋谷で観たプリントの冒頭、日本の配給会社・香港の配給会社のロゴとともにフランスのARP(「復仇」の合作相手)の名が出てきました。ということは海外配給権は驕陽電影ではなく、ここが持っているということなのかも?

096043c9.jpg

cb7b5090.jpg

c627d7d0.jpg

a1bca12f.jpg

7cd77a11.jpg

c4c6cf2d.jpg

『跟蹤』撮影風景。

大陸サイトに出た游乃海へのインタビューによると、この映画の街頭場面は7割が隠し撮りとのことです。

d068ba55.jpg

b26a305f.jpg

b7b3d180.jpg

167f6a7e.jpg

ee6cdc4c.jpg

『跟蹤』劇照3。


中ヒットくらいにはと期待していましたが、残念な観客動員に終わったこの作品。今の香港の観客層にこういう上質なクライム・サスペンスをアピールするにはアイドル・スターを出演させるしかないのかなぁと。
それにしても梁家輝、「黒社会」に続き素晴らしい役者ぶりです。BBQの場面で生鶏肉を掴んで刺すカットにはゾクゾクさせられました。
来年の金像奨では3部門くらいの受賞はあるのでは?

b09f5314.jpg

0cc5d48f.jpg

20453e2b.jpg

3c1785b9.jpg

a25456f6.jpg

829fe140.jpg

67f9c05d.jpg

69a49727.jpg

344e2329.jpg

c47536a1.jpg

『跟蹤(Eye in The Sky)』DVD発売記念イベント。


093e6ade.jpg


8月4日にこんなイベントがあったという新聞記事を読みガックリ。
全く気がつきませんでした。ランガムプレイスはその前に行っていたのに、そんな告知があったなんて。林雪がDVDサイン会に出てくるなんていうのは、初めてでしょうか?
帰国してから見つけた香港人サイトにそのときの様子が出ていましたので下に。
最後の写真には、日本製の「PTU」パンフを持参している人が。

5f4ae825.jpg

93207f34.jpg

c969fb04.jpg

0d9eb539.jpg

f5761f3e.jpg

a9a87834.jpg

81be6ffc.jpg

e0e997a1.jpg

『跟蹤』ポスター、スチール。


公式サイトができ、3種類のポスターが。
そして大陸版を。

e6dde3b9.jpg

49fdbe5e.jpg

0dab741a.jpg

5a9ba995.jpg


台湾版とタイ版も。

3449cd40.jpg

25f9cd9d.jpg

0de288c0.jpg

8fd2cb80.jpg

cc33493b.jpg

49f3b566.jpg

『跟蹤』劇照2。


いつものポニーテイルの姿が。


e0761333.jpg

c52ea938.jpg

87dcf21b.jpg

f0a3c784.jpg

a61b72ca.jpg

e3648fac.jpg

d7f714d8.jpg

7d6cf06c.jpg

79065d08.jpg

『跟蹤』劇照。

56388d57.jpg

b3e7a4fc.jpg

2b2bd546.jpg

72e6bfb2.jpg

219d3075.jpg

e8931439.jpg

67f56ccb.jpg

1fb744c2.jpg

9fe56ddf.jpg

6875fd8e.jpg

『跟蹤』

映画祭での上映が終わった「跟蹤(アイ・イン・ザ・スカイ)」。5月ころに劇場公開?
プレミアの様子などは大きく流れても、撮影・音楽・動指などのスタッフなどが紹介されないが多分いつもの杜琪峯組かと。
2006年1月、銀河映像の1階での開鏡と3月・中環でのロケ風景。

9ec811ad.jpg

8429aab0.jpg

img20070328.bmp

img20070328_1.bmp

img20070328_2.bmp

img20070328_3.bmp

553d0abd.jpg



www.flickr.com
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
月別アーカイブ
*iphone アプリ 開発
*ラティース ラティッセ
  • ライブドアブログ