香港郊野遊行・續集

香港のハイキングコース、街歩きのメモです。

甄子丹

「一個人的武林」予告。

昨日アップされたテディ・チャンの「クンフー・ジャングル(一個人的武林)」予告編。
「葉問2」以来、実に四年振りというんですから随分と廻り道をしてきたような。
詳しいスタッフ・クレジットを初めて目にしたんですが、撮影監督にベテランの黄永恒、動作指導がドニー、武術指導を元彬・巖華の連名で。
驚いたのが特別出演で以下の名がズラリと並んでいます。
 レイモンド・チョウ
 アンドリュー・ラウ
 カーク・ウォン!
 張同祖
 章國明
 元彬
 陳會毅
 袁祥仁
 李達超
 林迪安
 孟海
 ブルース・ロー
まるで導演協会の賛助企画作品と勘違いしそうです。それにしてもあの黄志強の名をこんなところで見るとは(離島ロケ映画好きには、この映画なんといっても大澳での撮影シーンが楽しみです)。
未確定ではありますが10月30日あたりが公開日となりそうです。



10月?

6da555a6gw1dsvedjysyqj

クランクアップの様子らしい画像がありました。
鄒兆龍がセンターに、という嬉しいショットであります。
某海外サイトに公開日が10月3日に予定されているという情報が。うーん、信じていいのか!?
というわけで、2007年8月に「導火線」公開、もっと早くこのスタイルの映画が観られるものと思っていましたが・・・・あれから6年経ちました。
「導火線」撮影風景画像が残っていたので忘れないうちに。
長沙灣のゴルフ練習場でのあの場面、一枚目の左端は昨年亡くなった脚本家の司徒錦源だと思います(左から二番目は撮影監督の張文寶)。

破軍2
破軍3
破軍1

SPECIAL ID(旧題 SPECIAL IDENTITY)予告編。




「特殊身份」の予告編が流れてきました。100%大陸資本ということでいきなりの普通話版なのが残念。
これを観るかぎり谷垣健治さんが書いておられた”「導火線」を進化させたようなモダン・アクションとして最高のものになっている”という言葉を実感できるゾクゾクさせてくれるカットの連続です。
難産の末に生まれた子は、健康優良児に・・・ということでしょうか。
10月公開って謳っていますが、香港では祝日前の9月26日あたりかも? 14日の重陽節の頃なら間違いなく・・・。 

陳德森新作、開鏡。

「冰封俠」の追加撮影を炎天下で、なんていう記事が出たばかりですがもうこんな画像がアップされました。
先週の金曜日に上水で陳德森の新作「一個人的武林(The Last of Best)」開鏡がメディア向けに披露された
模様が。
この中に写っている右端の人物に注目・・・・そう、あの元彬です。
ドニーと元彬とは初めての顔合わせになるのでは。過去に二人の接点は無かったかな、と思っていたらあの「ドラゴンイン(1992)」が唯一の作品でありました。しかし、アクション監督として十分過ぎるキャリアの元彬とドニーというのも何か不思議な取り合わせです(自身の製作作品がすぐに控えているので、パワーをセーブして?)

ちなみにこの場所、上水の古洞公立愛華學校という現在使われていない学校建物でした。

W020130722139080803836
gcmtenp20p07220713



「冰封俠Iceman 3D」Trailer

ちょっと長めの予告編第2弾が出てきました。
まだ追加撮影をやっているという新聞記事が出ていましたが。
これを見ると、ショウ・ブラが配給に関わっている?
夜間撮影の様子をアップした三本目のビデオ、柵からの回転スタントを演出している階段ですが、香港島の永利街から下る城皇街のブリッジス街市の脇と思われます。
そして、撮影スタッフの後方左にはベイ・ローガンとおぼしき人物も(欧米メディアの取材を案内して?)。










『武侠』スチール。

撮影中の「武俠」ですが、初めて製作サイドからスチールがアップされたようです。
公開は2011年夏という報道ですので、6月の終わりあたりでしょうか。
これを見ると、スチール・フォトグラファーは木星?

12756264_11n

12756264_21n

12756264_31n


『アイアン・モンキー』米国盤Blu-ray。

今更ではありますが、米国MIRAMAXの「アイアン・モンキー(鐵馬騮)」が届きました。
中身は、リージョン①DVDと全く同じ内容でブルーレイ用に新しく特典が付け加えられたわけではありません。
肝心の画質ですが、たいして期待していなかっただけにこれだけの仕上がりならば納得という見事なものです。
93年の製作年度ということは、今から17年前の作品ですから、それでこれだけの再現が可能ならばあれもこれもと期待が広がります。
これなら香港のKAMから出た色調に不満の残る「黄飛鴻」三部作もアメリカからリリースし直してほしいくらいです。

RIMG4845

RIMG4847

『精武風雲』ポスター2種。

この画像を紹介しているサイトには”両岸三地同歩上映”とあるので、9月23日に大陸・台湾・香港で公開開始ということのようです。
道場のセットに吊るされている提灯の大胆過ぎるデザイン(?)に期待と不安が・・・・。
ちなみに、美術は「功夫之王」「十月圍城」の林子僑です。

83NGTEP4_0

83NGTEP4_1

『精武風雲』予告編NEWヴァージョン。

『精武風雲』の予告編ですが、新ヴァージョンが流れてきました。
9月23日公開というと、20日が日本の祝日でAIRが少し高くなってしまい、翌週にすべきか迷うところです。おまけに台風の心配も・・・・。

『十月圍城』UK版Blu-ray。

本日「十月圍城」UK版ブルーレイが届きました。
5月31日リリースでしたが、明細をみるとその2日前に発送してくれていました。
フロントジャケットのドニーのイラストに難ありではありますが、あくまでもDonnie Yenを前面に出した造りで、サブに「投名状」のプロデューサーによる・・・・・というわけで監督の名は・・・・。
特典映像は、セットデザイン・キャラクター紹介・衣装とメイク・アクションの4つで香港版と同じもののようです。
どのパートでも現場で演出するピーター・チャンの姿があり、なるほどこの作品は製作者が実質上の監督だったというのがうなずけます。
スクリーンで観たときも感じたのが、超大作を謳うにしては、クローズアップが多いなぁと、あとフィルムではさほど気にならなかったコンクリートを打たれた路面になっているクイーンズロード、あんなにフラットな道路だったのかなと?


RIMG4752

RIMG4754

RIMG4748
www.flickr.com
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
月別アーカイブ
*iphone アプリ 開発
*ラティース ラティッセ
  • ライブドアブログ