香港郊野遊行・續集

香港のハイキングコース、街歩きのメモです。

Blu-lay

横浜アバック座へ。

香港よりも暑い日が続くという東京ですが、4Kディスクの画質を体験するために関内まで出かけてきました。
スクリーンはkikuchiの120インチ(37万)、プロジェクターはJVCのDLA-X590R(47万)、アンプはIntegraのDRX-R1(48万)、プレイヤーはOPPOのUDP-203(10万)。
4Kと2Kの違いなんてそんなにあるの? などと見くびっていましたが・・・・4K画質にはもう脱帽ものです。西九龍のグランドで観た「オリエント急行殺人事件」とほぼ変わりない画質! そのあとに確認のため再生した2Kのディスクとの差がもう見事に分かります。
ただこんなサイズのスクリーンですから差が出るわけで、70インチくらいまでなら2Kでも充分かなと。
一応、「導火線」の香港版も再生してみましたが、とてもこのサイズでの上映には堪えられない画質です。

P7190029
P7190010
P7190011
P7190012
P7190015
P7190016
P7190017

「アイアン・モンキー」UK版。

 プレオーダーしていた「鐵馬騮」EUREKA!版Blu-rayが届きました。
2Kレストアを謳っているのに偽りはなく、KAMから出た香港版が上質のDVDくらいに感じられる仕上がりです。
特典映像は予想していた通りでUKのHKリジェンドから出ていたプラチナム・エディション収録映像が流用されています。

P6270888
P6270889

"Goldstone"

Aussie neo-noir thriller なんていうフレーズもさることながら、キャストにあのチェン・ペイペイ(鄭佩佩)の名があっては気になってしかたなくオーダーしたUK盤(北米盤は8月発売)。
”臥虎蔵龍”の公開が2000年だからもう18年ですか。”グリーン・デスティニー”といえばリリースされた何種もの4Kブルーレイ、期待はしていませんでしたがどれも北京語音声ばかりの仕様。こうなると香港発売のsony盤DVDのみが広東語収録ということで稀少価値が?

 

P5070364
P5070358
P5070360
P5070362

何故か今頃?

どうしたことか、UKのEureka Entertainmentから「アイアン・モンキー」が2Kレストアされてリリースということです。
”マスターズ・オブ・シネマ”から出しているキン・フー作品とはさすがに同じ扱いはせずに、”Eureka classic”レーベルからの6月18日発売。
9348_tn

「老人と子供」。

 クロード・ベリの「老人と子供」、レストアされた見事な画質で5月29日発売という発表が。
リリース元はちょっとお高いコーエン・メディアから(どこか買って国内上映してくれると嬉しいんですが)。
大昔に買ったベータマックスのビデオテープ(US版)も今となっては再生するすべもなく。
そういえば先月リリースされたオリーブ・フィルムからの「終身犯」Blu-ray、4年前に発売されたトワイライトタイム盤が高価格だっただけに買い? これもテープで(泣)。
アナログ・カセットテープが静かなブームで一部の若者たちに聴かれているなんていう報道がありましたが、間違ってもβテープの復活! なんてないんでしょうが。

 

P3240245
P3240248

「まぼろしの市街戦」

 ド・ブロカの「まぼろしの市街戦」が4KレストアされてN.Y.で公開後にBlu-rayリリース(夏頃?)されるという情報が。
ただ価格が高めのコーエン・メディアからというのが困ったもんですが。
大昔、文芸坐のオールナイト興行で褪色したプリントで観て以来・・・・何十年になるかなぁと、溜め息が出ます。

 

「突破口!」

オーダーして2週間、ようやく届いたUK盤「突破口!」。
なにしろ去年の夏に出たキングの日本盤、特典なしの吹替えが売り物というシロモノ(それで4,000円というんですから)。
特典がすこぶる充実しているドイツ盤Blu-rayが決定版かとも思いましたがUKからの発売を期待して・・・・インディケーターなる新興レーベルから待望のリリースが先月22日。
製作元のユニバーサルが出したUS盤DVDが4:3画面という仕様にガックリし、16:9のUK盤を入手してからもう何年たったやら。
収録特典映像の豊富さもさることながら、クライテリオンを思わせる分厚いブックレット(40ページ)!

P2100199
P2100200
P2100201
P2100202
P2100203

「まぼろしの市街戦」。

とうとうというべきか、ようやくなのかフィリップ・ド・ブロカの「まぼろしの市街戦」がこの夏にBlu-rayリリースされるというニュースが(ちょっとお高いコーエン・メディアから50周年記念4Kレストア版として)。
既に日本版DVDが発売されていますが・・・・大昔に文芸坐のオールナイトで観た褪色したプリントのイメージが強いので目の醒めるような色調で再見したいものですが。


Ride the High Country

 今までリリースされていなかったのが不思議なくらいの「昼下りの決斗」。
ようやく、ワーナーのアーカイヴ・コレクションからくBlu-ray化ということです(発売日時はまだ不明)。


「暗黒街の弾痕」!

新興レーベルのClassicFlixなるところからラングの「暗黒街の弾痕」がブルーレイ化されるという嬉しい情報が(発売時期は今年度中とだけ)。
ただ独立プロ製作だけにマスターの状態が気になるところです(W・ウェンジャー製作ではネガが失われた「駅馬車」の例もありますから)。
注) このあと公開されたレストア状態を紹介する動画を見る限り一安心。

8a190ae9586b00fc5d21a911ce19cbea


www.flickr.com
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

大頭茶

月別アーカイブ
*iphone アプリ 開発
*ラティース ラティッセ
  • ライブドアブログ